FC2ブログ

Entries

【不登校】通信制へ高校転校後、また休んで、うつ状態…

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高校一年の息子がいます。

中高一貫私立の男子校に通いゴールデンウイーク明けから
不登校になり、悩んだ結果、通信制の高校に6月末転校。
はじめは登校出来ていたのですが、また不登校になりました。

大学を目指している息子は、通信制の授業内容に落胆して、
すっかりやる気をなくしてしまった様子です。

遅れを取り戻すために、塾に行っているのですが、先週から
行けなくなりました。元々の不登校の原因は、友達からの
いじめを担任に相談したのですが、先生が動くから
と言いながらも全く何もせず、信頼していた先生への不信感からです。

今は、うつ状態のような感じで、毎日お昼頃に起きて、
表情も暗くほとんど話さないです。 とても辛そうです。  
やる気を取り戻すにはどうしたらいいでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

こういうことにならないための転校で
あるべきなのですが、焦ってしまうと
選択を間違えてしまいます。


不登校解決をしなければいけないのに、
それとは関係のない転校をしてしまう。


そういう不登校がとても多いです。

不登校は、不登校の原因を取り除いて
解決しなければいけません。しかし、
原因の部分を無視してしまうんです。

特に、子どもの意見だけを聞いてしまう
家庭に、そのようになることが多いです。

子どもは冷静に、客観的に自分を評価、
分析することはできません。不登校の
原因も知らないです。


それなのに、子どもの意見を優先して
転校や学校選びをしてしまいます。

そこでズレてしまっています。

「子どもの自由に選ばせてあげたい。」

その気持ちはよくわかります。私も
そうです。

でも、それと不登校解決は関係ありません。

何度も言わないと、また同じことを
繰り返してしまいます。あえて、何度も
言っています。

問題は2つあります。

1つは、イジメの問題です。

イジメは100%加害者が悪いです。

でも、親としては、こう考えないといけません。
誰もがイジメられるわけではない、この子の
弱さが悪い子の標的にされている。

社会に出たら、もっと悪い人がいるんだから
ここで強くしないといけない。

そういう子育てが必要だと考えるはずです。

学校はイジメがない環境を作ることです。

学校の問題と家庭内教育の問題は別です。
家庭教育は、家庭教育としてやらないと
いけません。放置して強くなる子は、もともと
強い子です。

お父さんに多いのが放置です。

放っておいて、そこから這い上がれば強くなる。
そうやって考えている人が多いです。

でも、イジメられる段階で弱さを持っています。
優しすぎるのです。助けてあげないと強くは
ならないと思います。


2つ目は、学校をどうするかです。

この子が、これから動くには、希望が見えるか
どうかです。大学へ行きたいなら、大学へ
行けるんだって思わせる環境を与えてあげる。

モチベーションを上げないと動きません。


何か説得しても、もう無理かもしれません。

今の高校で見せられないなら、どこか違う
場所で見せてあげる。別の学校なのか、
塾なのかです。

希望する大学が無理でも、その先に夢を
持たせて、それを実現する道筋を見せて
あげることです。

では、具体的に、これからどうするべきか?


家の中で「うつ状態」になっているのは
すぐに改善しないといけません。

これは、親子関係を改善してあげると変化
することが多いです。特にお父さんとの関係を
改善するといいですよ。

ストレスでうつになっているのだから、
そのストレスである親のプレッシャーを下げる。


共同作業法で父子関係に笑顔を作ってください。

そうしてあげて、お父さんが「お前、こうしたら
どうなんだ。」って、道筋をつけてあげます。


こうやって協力していけばいいです。

順番だけ間違えないでくださいね。

人は、いろいろな失敗を経験して学ぶものです。
転校に失敗したら、そこで学ぶしかないです。
その中でどうやってがんばるかです。

前へ進むしかないです。

それでは、今すぐ父親から共同作業法を
やってみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2425-e342c9f5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ