FC2ブログ

Entries

【不登校】白髪になった高校生の息子

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高校2年男子です。
性格は明るく真面目、プライドが高いように思います。

小学校5年頃から行き渋りがあり
中3の時にリストカットをしたのを見せられました。
涙が止まりませんでした。何とか公立高校に入学しました。

高校では運動部を3か月で退部、陸上部を1年で退部しており
そこから一気に落ち込みが始まりました。

毎日「死にたい」「俺なんかいなくなったほうがいい」と言い
「くそつまんねー学校行く意味ねー」と学校に行かない日が
多くなりました。父親が「今日も学校行かないのか!なんで!」と言ったら
泣き出してしまうということもありました。今は週に1、2日しか行けていません。

中学で行きたくないというようになってから右耳下からほぼ白髪になり
今は頭全体に白髪が見えるようになってきました。

青田先生の事を知ってからまだ3日ですがさっそく共感話法を実践、
昨日は朝起きてきて一日学校に行きましたが、
今日は起きてこず、まだ行けてません。

欠課時数の通達もあり私の焦りで学校の事を言ってしまったからでしょうか
学校が合わない、朝もう少し余裕があれば行けると本人が言うので
遅めに始まる所に転校をする方向で本人と話を進めています。
が、このままだと同じ結果になりそうで不安でいっぱいです。

挫折を繰り返し味わってきた子に有効な声かけはなんでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

若いのに白髪になってしまっています。

とても可哀想です。ストレス性の白髪
と言いますね。

親からのプレッシャー、自分からの強い
プレッシャーの両方からストレスでやられて
しまっています。


中学生からのリストカットもつらいです。

この問題は、大人になっても続きます。
だから、今だけの焦った対応だけでなく
長い目で見た原因解決をしなければ
いけません。


このままだと高校退学、中退になります。

うつ病、ひきこもりなどに発展する可能性が
とても高いです。

何が原因なのでしょうか?


不登校の原因については、私の小冊子を
読んでいただいていると思うので、理解して
くれていると思います。

学校と子どもの感性が合っていません。

その問題と、リストカット、白髪などの現象は
別物です。不登校でも明るく元気な子だって
たくさんいます。

ここまで追い込まれているのは、明確に
親の無理解です。


無理解とは、子どもから見てです。

あなたが理解しようとしていても、子どもは
「親はわかってくれない。」と思っています。


特に、お母さんも分かっているように、
お父さんの無理解がひどい状態です。

お父さんの気持ちも私はわかります。

高校生の男の子が、自分自身で決断して
行動しなくては、強い男にはなれないと
感じているのです。


それで強く息子さんに出ています。

しかし、不登校はそれではうまくいきません。

私が一番最初、30年近く前に不登校の子が
やってきた時に、それでやって失敗しました。
30年前のやり方を今、お父さんはやっています。
古いのです。

お母さんが共感するだけでなく、
お父さんの方も共感するようにならないと
息子さんの不安は消えません。


高校の不登校は時間がありません。

転校せざるえない状況にあるなら、転校を
するしかありません。それと不登校の根本が
解決されるかは別ですね。

まずは、親が子どもの辛さを理解することです。

気合いや根性では解決できるなら、もう自分で
やっています。それでは解決しなかったから
子どもは困っているんです。

一歩先の理解が足りません。

親の無理解、プレッシャーが子どもを孤立
させて、リストカット、白髪にさせている可能性が
高いです。


では、どうすればいいのでしょうか?

「ああ、自分のせいで、この子が…」


と、思ってもいけません。

ここで強かった親が急に弱い親になると
親子関係が逆転して、家庭内のバランスが
おかしくなります。


そういう家庭がたくさんあります。

今までどおりにしながら、お父さんと息子さんで
共同作業、一緒に何か活動、作業、ゲームでも
すればいいんですね。

将棋でも、ポーカーでも、何でもいいです。

今の段階では、共感の会話だけでは弱いと
思います。一緒に何かやるべきです。学校の
話はしなくていいです。

それを1回やるだけで違います。

高校留年や転校は人生を大きく変える
出来事です。

それを円滑にできるか、喧嘩して、落ち込んで
ひきこもりへ発展させるか、その瀬戸際が今だと
思います。

共同作業法で、親子関係を回復してください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2424-3922a3d6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ