Entries

【不登校】「もう、この世に存在したくない」と言い出した時の声掛け

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

小学校4年生男児。2学期から学校に行かない日が多くなってきて、
今週はもう学校をやめたいと言っています。

性格は感受性が強く、学校の友達や先生が、休んでいる
自分をどう思っているか気になって不安で仕方ない。
行ったら何か言われるのではないかと不安。
宿題や忘れ物をしたときのペナルティが嫌だ。恥ずかしい。

今週に入ってからは、もう、その学校に行く夢もどうでもいいと
言い出しました

「もう、この世に存在したくない」という事を言い出した時に
どう声をかければよいのか、教えていただきたく存じます。
よろしくお願いいたします。

******************終わり******************************

……

回答:

「死にたい。」

「消えて、いなくなりたい。」

「自殺するんだ。」


と言う不登校の子がいます。この子は、
「もう、この世に存在したくない」と言って
いますよね。

不登校の子の中で、この子と同じように
自分の存在を消そうとするタイプがいます。

ここから自傷行為、リストカットから、
薬の過剰摂取(オーバードーズ)へと発展
していく子もいます。


ひきこもるタイプもこういう子が多いです。

こういうタイプの不登校は理論で、理屈で
どれだけ説明してみても理解しようとしない
のが特徴です。

なので、親として何をすればいいのか、
わからなくなって当然です。

子どもが「自殺する。」と言っているのは
普通の状態ではありません。


今すぐに助けてあげなければいけません。

私も何人も手首を切って血に染まった
不登校の子を対応してきています。


話を聞いて、ああだよ、こうだよ、なんて
軽いものではありません。私自身も
ギリギリの所で子どもに接しています。

だから、死ぬと言ってしまう子の特徴を
知っているので話そうと思います。

なぜ、消えたいのか?

このタイプの子は性格ではないのですが
孤独でいることを好む性質を持っています。
そのこと自体は問題ではありません。

不登校という状況に追い込まれる事で、
元々持っていた孤独性が強くなったのです。

これが一番の影響です。

自殺したい、と言っているのも衝動的な発言
の場合がほとんどです。

不登校になる前から「自分には価値が
ない。」と思っているのです。それが、
学校から孤立することでより強く思うように
なったわけです。

なぜ、もともと孤独性があるのかについては
私の長年の研究ではこういう理由があります。

それは同性の親との関係です。

男の子は父親。女の子は母親です。


この同性の親との関係で悪化していくのが
わかっています。この関係が改善しない
限りは変わらないです。

なので、この子の場合はお父さんですね。

くしくも、お母さんが言われているように、
父親は厳しく子どもと接していません。

これが1つ大きな原因です。

父親との関係が良くなる必要があります。
ここで注意して欲しい事があります。

不登校になった事と父親は関係はない
です。不登校になった後の精神状態は、
父親との関係に影響を受けています。

だから、2つの違う事が起きています。

まずは、この子どもの孤独へ逃げ込む
心理状態の改善が最初ですよね。これで
ひきこもりになったら、大変です。

父子関係の改善ですね。

大切なのは、父親が改善していると
思うことではなくて、息子が改善してると
感じることなんですね。

「でも、厳しい頑固な父親が息子の事を
理解するようには思いません。」


わかるのですが、あなたの子は自殺しようと
しているんですよね。自殺していいんですか?
ご主人を恐れるのと、自殺を恐れるのと、
どっちが正しいか判断して下さい。

同じ状況にあったお母さんがいました。

このお母さんもご主人が恐くて、息子の
様子をほとんど伝えませんでした。
それで自分も鬱病のような状態になって
しまって、大変でした。

私の話を聞いて、決意したのです。

「あなたが理解しようとしないなら、
あなたと一緒には暮らせません。

私は出て行きます。」


そう言ったそうです。

別に出て行く気はなかったそうですが、
口に出したそうです。

そうしたら、厳しかったご主人が変わり、
息子さんに関わり不登校が解決して
いきました。

あなたの決意次第なのです。

では、どうすればいいのでしょうか?


父親が「共感の会話テンプレート」に沿って
会話をしてください。

単に共感するだけではありません。

普通は、「そうだよね。」って言っていれば
共感しているように思いますよね。それは
違います。

その共感は、一方的な共感ですよね。

この会話テンプレートを使うと、子どもの
方があなたに共感してくれるようになるん
ですね。


それが共感の会話法になります。

すでにメルマガでお話しているように、
共感の会話法を使って、喧嘩ばかりを
していた親子が仲良くなったり、ひきこもり
だった子が部屋から出てきたりしています。

だから、今すぐ使ってほしいと思います。

家で父親との会話が生まれる事で、
この子は父親に認められている感覚に
なります。


すると、自分の後ろに父親の支えがあると
感じられるので自信を持てるのです。


お母さんがどれだけ寄り添っても、息子さんが
動かなかった理由が分かったと思います。

お母さんが原因ではないのです。

もし、お母さんに原因があるとしたら、
ご主人に対して弱い自分を演じていること
だと思っています。

先程のお母さんのように強く出る事は
できなくても、今の状況は追い詰められた
状態です。これは家族全員の問題です。

もう少しだけ、弱い自分を強い自分に
シフトさせてみて、ご主人に話して下さい。

薬を飲もうが、カウンセリングを受けようが
原因が父親との関係だから改善しないです。
そういう子たちをたくさん見てきました。


カウンセリングを受けるなら父親のほうです。

もし、自分の息子が消えたいと言っているにも
関わらないなら、その方がおかしいです。

不登校とは次元が違う問題です。

私は近くに居ないから、病院の先生でも
スクールカウンセラーでもいいので、
相談されて下さい。

そして、子どもの意見を聞いたり、学校へ
戻そうとするのではなく、父親をいかに
子どもと会話させるかを第一に考えて
ください。

息子さんが望んでいる事がその事です。

ここを間違えないで対応して下さいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2374-b731cfec

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ