FC2ブログ

Entries

【不登校】学校の先生の働きかけ方が娘に合わない。

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中1の女子です。

1学期終了前より適応指導教室に通い始め、
学校へは週1で行っています。

2学期に入ってテストや体育会の予行などで登校ペースは
週2くらいになっています。親としては本人が頑張っているので
このペースを続けながら学校へ復帰できる助けをするつもりで
見守っているのですが、学年主任がやや強めに登校を
促してくるので対応に困っています。

「学校に来た方が勉強できるでしょう?」
「進路のことも考えたら登校してきた方がいいよ」
「賢いんだからもったいない」等等・・・

担任は本人のペースを見守るスタンスを取るとは
言ってくれてるんですが、この考え方・働きかけ方の違いに
どう対応していったらいいでしょうか。

娘本人は「今の事が精いっぱいで進路の事なんか考えられない、
高校はどこでもいいし」と反発しています。

私としては、進路のことを考えて学校へ行けるぐらいなら
不登校にはなってないんじゃないか、と思い、
この働きかけ方は娘には合ってないんじゃないかと考えているのですが。

先生のご意見をお聞かせください。

******************終わり******************************

……

回答:

確かに、この先生はやり過ぎですね。

このことは、しっかり学校と話し合わないと
いけません。上司の教頭先生と会ってみると
いいですよ。

いつも話すのですが、学校の先生と
言っても、不登校の専門家ではないです。

多くの先生はよくわかっていません。

これは仕方がないことなんです。

不登校って、そんなに簡単に解決ができる
わけではないです。先生たちもまだ研究を
している途中です。

わからないことだらけなのです。

病気のように、何か病原菌があって、それを
薬を開発して退治すれば解決するものでは
ありません。

子ども自身の成長過程の問題なので、
時間もかかります。

一番の理由は、スクールカウンセラーの設置
だと、ある先生は言われていました。

スクールカウンセラーがいることで、不登校を
カウンセラー任せになってしまったのです。
ここで先生の不登校に関わる時間が半減して
しまいました。

不登校=心の問題、と結論付けてしまって、
それ以上考えなくなってしまいました。

だから、不登校に対する対応が先生によって
バラバラで、焦らせて動かそうとしてしまう
先生が出てきてしまうのです。

まずは、学校側としっかり話し合う事です。

次に、一番大切なことを話します。

今、学校へ戻れているのだから、その時に
不登校教育をやらなくてはいけません。

不登校前と同じ教育をしていたのでは、
また、ダメになってしまうに決まっています。
この子が不登校になった原因を解決しないと
いけないです。

それが感性教育ですよね。

「学校へ戻れたら、不登校教育」

これを覚えておいて下さい。

不登校の原因は、子どもが学校の環境と
合わないことです。


真面目だったり、完璧主義だったりすると
周りに100%合わせようとします。しかし、
合うことなんてありません。

そこにストレスを感じてしまうのです。

ここまでなら、私たちでもあることです。

周りに合わせて気苦労することは多々
あります。

不登校になる子は、この状態に加えて、
持って生まれた感性が繊細で豊かです。
これが多大に影響を与えています。


本来は、思春期になると感性が出てきます。

しかし、小学校や幼稚園の時から感性が
出て来ている子もたくさんいます。

感性が強いと、周りに合わせる苦労が
普通の感性の子よりも多くなりますよね。
そこに、真面目さが加われば、さらなる
苦労が増えて、ストレスは異常になります。


それが不登校を招いているのです。

自分らしさを出す事をしらないまま、
ただ、周りに合わせることだけをやってきた
ということです。

不登校の本質をしっかり理解する事が
大切です。

では、どうすれば解決できるのか?

不登校教育をすることです。

自分らしさを出させる、周りに合わせて
ばかりの状態を、自己表現させるように
変えてあげることです。


その機会を作っているかどうかです。

ほとんどの人は、本人任せです。

それで解決できるなら、不登校には
最初からなっていませんよね。

私たち大人が、そういう場所・環境を
教育として作れるかどうかです。

学校に任せていればいいか?

できていれば、不登校にはなっていません。
学校には、不登校教育に対応する仕組みは
ありません。

だから、親自身も一緒になって不登校教育を
やっていなかいといけません。

具体的には、「自己表現の機会」を与える
ことです。何か発表、プレゼンしたりするのが
良いと思います。


この子の感性に沿ったものでです。

だから、親として、この子にはどんな感性が
あるのかを知らないといけないわけです。
そこが子育ての本質だと思います。

よく相談であるのが、「この子は小説を
読んだりしています。」とさらっと言われます。


「それが、感性なんです!」と言って、ようやく
気がつかれる方がいます。

当たり前だと考えてしまいます。

でも、例えば、学生で本を読む子は少ないです。

それは感性が本を求めているから読んでいる
わけです。それが感性なのに、気が付かない。
そういうことがあります。


実は、多くの子はすでに感性を表に出して
いる場合がほとんどです。

大人の方が気づこうとしていないです。

小学生でも関係がありません。

自己表現する機会を与えて下さいね。

それで自信を持てるようになります。
教室復帰もできるようになります。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2358-ead24ae9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ