Entries

【不登校】イライラして、頭を掻きむしり続ける中学生

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

うちの子供は中学1年生と小学5年生です。

昨年の秋よりいじめにより5年生の子は不登校になりました。
一度、頑張って行ったのですがまたいじめにあい行けなくなりました。

中学生の子供はクラブ活動でサッカーをしており、学校に行っていたのですが、
授業の成績がおもわしくなく、学校の授業で成績が悪くなり髪の毛を抜くように
なりました。

親が、頑張って学校に行くようにまた成績が悪いなら、できないところを
一緒に考えようと思い、勉強をしようと話かけたのですが、頭を掻き出して
下を向き始めたので、また説教してしまいました。

自分に自暴自棄になり何も言わないでおこうと思いました。

子供が学校に行かないのは辛いです。
楽しく、学校に行けるようになるには、まず親は何をすべきでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

二人のお子さんについての相談です。

まず、「いじめ」不登校についてです。

親としては「いじめ」を受けたら、逃げた
ほうがいいと覚えておくべきです。

今の親の世代のいじめと、現代っ子の
いじめの質は全く違います。陰湿で、限度を
知らないケースがあります。


だから、この子が逃げたのは正解です。

緊急処置として、逃げなければいけません。

しかし、逃げ続けたら学校には戻れなく
なります。そこをどうするかです。

何度もいじめに遭っているわけですから、
学校の対応や親の対応、つまり、大人の側の
対応が悪いのです。


子どもは子どもの世界で生きています。

大人の目の前で謝ったとしても、それは、
大人の世界の話です。子どもの世界では
何も謝っていません。


このことがわからないと解決はできません。

もっと強くいじめた側に親が言わないと
いけないです。


それがまず1つ目です。

そして、家庭教育としては、いじめられない
強さを教えなければいけません。


いじめる子というのは、誰でもいじめるわけでは
ありません。必ず、標的にする子を探して、
ピッタリな子をいじめます。

面倒にならない子、反撃してこない子です。

まず、親が強く出ることで面倒になります。

そして、子ども自身を強く育てることで、
反撃してきそうな子にするのです。

そうすれば、二度といじめられなくなります。

強い子にするのは簡単です。優しい子ほど
いじめられます。優しい子は悪さをした子にも
優しいのです。

「強気の声掛け法」という方法で、子どもに
日ごろから「お前、負けちゃいけないよ!」って
親が声掛けしてあげればいいです。

そう言い続けていると、子どもは負けないような
表情になってきて、悪さをする子はいなくなります。

まずは、親が子どもを守ってあげること。

逃げて正解です。

そして、少しずつ、徐々に強気の声掛けを
してあげてみてください。

次に、頭を掻きむしるお兄さんの相談です。

これは単純に親や周りから追いつめられて
精神的なストレスのピークがやってきています。

完ぺきで、親の求める子どもで居続けられない
自分に対してイライラしているのです。その思いを
どこにもやれず、頭を掻きむしっています。


親に存在を認められるのではなくて、成果で
自分の価値を認められているのです。

言っている意味がわかるでしょうか?

この子は、何か成果をあげなけば、親から
認められず、自分の存在意義が見出せなく
なっています。


親としては、子どもをそのまま愛しているけど
子どもには伝わっていません。

同時に、この子の持つ感性が押さえつけられ、
自分らしさを出せないこともストレスを倍増させて
しまっています。

それは、不登校独特な感性の話です。

不登校小冊子で学んでください。

下の子の、いじめを受けた子も感性が繊細な
はずです。そうでないと不登校にはなりません。

しっかりと学んでください。

では、これからどうすればいいのか?

まずは、親子で共同作業法をやってください。
特に、上のお子さんと父親との関係がとても
大切です。


一緒にゲームをするとか、何でもいいので、
共同作業をすることで変わります。

そこで、親に何もしなくとも認められている
という感覚を覚えさせてあげることで、ストレスが
減っていきます。

それでは、今すぐ共同作業法をやってください!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2349-f8c505ca

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ