FC2ブログ

Entries

【不登校】高校転校の現場~子どもへ転校を伝えるには?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高校1年生です。
第一志望の学校ですが 入学後 すぐに行けなくなりました。

不登校になる原因、不登校の解決策を冊子を読んで
理解したつもりでいました。

でも対応を間違えていました。

夏休みに子どもに自信をもたせて2学期から学校へ…と考えていました。
そして2学期が近づいた今、子供の様子が不安定になってきて不安です。
今の学校の対応にはあまり期待できませんので転校を考えてみようと思います。

その際の注意しなければいけないことを教えて下さい。
また転校を考えていることは子どもに話したほうがいいでしょうか。

よろしくお願いします。

******************終わり******************************

……

回答:

高校生の不登校は、時間がほとんど
余裕がありません。

まして、学校が協力してくれないと
ほぼ戻れるようにはなりません。すごく
難しいと思います。


かと言って、そのまま待っていても何も
起きません。

留年、休学、退学して、家にずっといれば
引きこもり生活がスタートしてしまい、精神も
不安定になって病院通いになります。


そうならない為にも、高校転校して新しい
場所で再スタートをしなくてはいけません。

でも、間違った場所で再スタートしても同じ
ことの繰り返しになります。再び不登校に
なったら、どうしようもありません。

あるいは、このままグダグダと不登校の
原因を解決せず、引き延ばす場合もあります。
そうすると、この不登校の問題は大人になって
もう一度やってきます。

今、大人のひきこもりの人たちが数十万人
いると言われています。

100万人を超えているとも言われています。

この半分近くが中高生で不登校を経験して
います。学生時代の問題をずっと引きずって
大人になっても苦しみ続けています。


この思春期の問題は、思春期の間に
解決してあげなければいけません。

何が高校転校でのポイントなのでしょうか?


まずは、学校の協力体制です。


これがなければ不登校は解決しません。

それは、全日制でも、通信制でも、
単位制の学校でも関係ありません。

ただ不登校でも転校を受け入れてますよ、
と言っているだけで、不登校の対応は
ほとんどしてくれない学校もあります。

もちろん、高校卒業させたいから、
受け入れてくれるならどこでもいい。

そういう考えの人もいるでしょう。

いろいろなタイミングや状況によっては
選択肢はいろいろあります。

ただし、そういう場合は、この不登校の
問題は引き延ばされて、大人になって
解決しなければいけない時期がやって
来ることだけは覚えておいてください。

見学した時に、現状の不登校の状態を
転校したい高校へ伝えることです。

その状況を理解してくれているかどうかが
一番大切です。


次に、この子の感性や得意なこと、家での
趣味なども伝えてください。それらを生かす
場所、活動があるかも聞いてください。


これらを聞いて、あなた自身が任せられると
確信できる高校に転校すればいいです。

子どもに転校をどう伝えるのか?


実際、子ども自身も転校するしか方法は
ないんだと思っています。だから、親から
勧めるのは自然の流れです。

しかし、子どもの心理もわかっておかないと
いけません。

子どもは小さい頃から親に「何事も続ける
事が大切だ。」と教わっていますよね。


転校は悪いことだと思っています。

その気持ちを共感してあげることが大切です。

「転校って、悪いイメージがあるよね。
逃げたみたいな。すごくよくわかるよ。

でも、本当は自分に合った環境や場所を
探すのは当然のことなの。

日本人だって、マンモスを追って、大陸から
ずっとやってきたんだよね。同じ場所に定住する
わけじゃなくて、合う場所を探し続けてきた。

そんな祖先が日本人なんだよね。

だから、転校ってすごくいいことなんだよ。」

・・・


こんな感じで話せると納得してくれます。

ぜひ、やってみてください!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2330-e867e905

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ