FC2ブログ

Entries

【不登校】高校受験に向けて勉強させたい!

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学3年生の男の子です。

中2の3学期から友達とのトラブルが原因で
時々学校を休むようになり、中3の5月の中頃から
完全に不登校になりました。

2学期も始まりましたが、受験生という意識が全くみられず、
毎日勉強もせずゲームばかりしていて、生活も昼夜逆転しています。

ゲームは他の人と話しながら対戦するタイプのもので、
ずっと夜中でもしゃべり続けています。

だんだんと受験も近づいてくるので、学校に行けないのなら
家で勉強してほしいのですが、勉強するように言うと、
「生きてるだけで精一杯なのにそんなこと言わんといて」と
言われてしまい、それ以来勉強の話はしていません。

高校には行ってほしいので少しずつでも勉強して
いってもらいたいのですが、どうすればいいでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

「早く勉強しないさい!」

こうやって、ついつい言ってしまいます。

でも、こう言って勉強をやる子はほとんど
いません。

「早く料理つくれよ!」

「早く掃除しろよ!」

「早く洗濯物たためよ!」


と、言われてお母さんはどんな気持ちに
なりますか?

やる気になるでしょうか?

なりませんよね。まったく同じことを
子どもにやっていると思ってみてください。
違うアプローチが必要だと気がつくはずです。

不登校の中学生にとって、高校進学は
大きなチャンスでもあり、大きな壁でも
あります。


高校受験は義務教育ではないので、
不登校という状態は試験ではマイナスです。

不登校だからと、大目に見てくれません。

出席日数が少ない、学校の試験を受けて
いないので、内申点が低くなります。


高校入試では、内申点は評価の基準として
とても大切です。1回の試験の点数よりも
3年間、どんな過ごし方をしてきたのかは
合格か不合格を左右します。

不登校で内申点が低い状態な以上は、
試験の点数を上げるしかありません。

しかし、勉強する気がない。

受験したところをすべて不合格になれば、
やる気をなくし、高校には行かず、家の中で
引きこもる可能性がとても高いです。

なぜ、勉強しないのでしょうか?

大きくは3つの理由があります。

これらをクリアしないと勉強をすることは
ありません。

不登校の子に多い心理状態です。

1つは目は、自己保存です。

わからないですよね。詳しく話していくので
安心してください。

子どもの心理は常に親に向いています。
親に見放されないことが自分の生活、
命を守るために大切です。

親に見放される子どもとは、ダメな子です。
可能性がない子だと思っています。


ここからが少し複雑になります。

子どもはあえて勉強しないことで、自分を
ダメな子にしないのです。わからないです
よね。

勉強せず、怠けるという状況を作ります。

そうすると、当然、試験には落ちます。

でも、怠けるという状況があったから、
試験に落ちただけで、本当に自分は
やったら合格するんだ、と思っています。

落ちる言い訳を事前に作っておくのです。

言い訳できる状態を作っておいて、何も
しないで落ちれば、自分の能力は否定は
されていません。やればできるはずだから。

一番、子どもにとって怖いことは、がんばって
やったのに落ちることなのです。

がんばってできないのだから、能力がない、
可能性がない子、ダメな子になります。

この最悪の状況さえ作らなければいいのです。

それで勉強しないのです。

わかるでしょうか?とても、大切な心理状態
ですよ。あえてやらないで、言い訳づくりを
ずっとしているのです。

2つ目、高校進学に夢がない。

「この高校に行ったら、今の状況から
こんなに変わって、こうなるんだ!」


って、夢が見えていたら勉強もやろうと
思いますが、勉強に目標がないのです。

ここはすごく大きいです。

今の状況からどうやって変わるのかが
見えないと、私たちは動こうとはしません。

義務感だけでは続かないのです。

3つ目、勉強の仕方がわからない。

このことに気が付いている人がとても
少ないです。

不登校で学校へ行かなければ、授業を
受けていません。授業は勉強の基礎を
教えています。

その基礎なしに、自分で自宅で勉強を
するのは、とても難しいです。


この3つの問題をクリアしなければ、
勉強をやり始めません。

では、どうすればいいのでしょうか?


この3つの問題をすべてクリアせずとも、
たった1つクリアするだけで、子どもは
勉強をスタートしてしまいます。

それが、2つ目の高校進学に夢を持たせる
ことです。


これさえできれば、子どもは動き始めます。

実際、この夏休み、私の学校のオープン
キャンパスに参加した不登校の中学3年の
男の子がいました。


大阪の子でしたが、この子も2年近く不登校
で、勉強もせず、家で過ごしていたそうです。

でも、この夏休み明けから学校へ戻りました。

1年振りの登校だそうです。

驚きで、その学校の担任の先生から電話が
あったのです。

理由は簡単です。

「高校で自分を変えられそうな気がしてきた。
だから、勉強して、少しでもその高校に入って
みたい。」

という、気持ちが切り替わったことでした。

学校に行って、先生に勉強を教えてもらいに
登校を始めたのです。

「自分を変えられる。」

そう思ったら、不登校の子も動き始めます。

それをせずに、そのきっかけを与えないで
勉強させようとしても、絶対に動きません。
特に中学3年生なら、どこかの高校を
実際に見学することをお勧めします。

この夏、見学して意欲が出た子が日本中に
たくさんいます。

子どもも今の状況を変えたいと思っています。

それは実際に、目で見せて、体験させることが
一番早くて簡単です。説得するよりも見せたほうが
良いと思います。


ぜひ、やってみてください。

このアプローチが正解だと思います。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2328-874c917d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ