FC2ブログ

Entries

【不登校】一年半の別室登校では、ずっと読書をしている子の変え方

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


『不登校を2学期の始業式に行かせる方法』については
こちらをお読みください。


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学三年男子です。

息子は中一の12月に、体調不良から不登校になりました。
中二の4月からは別室登校をしています。もう一年半近く
別室登校のままです。

別室には一人きりの状態で、勉強もあまりせずに読書をしています。
週二回だけ二人の友達と給食を別室で一緒に食べています。

別室では人との接触がなく、自分の好きなペースで3、4時間
過ごして誰とも会わない時間に帰る生活です。

高校にいって、大学にいって、一人暮らしをする、という漠然とした
希望はありますが、今の状態のままで、急に高校でなんとか
なるのだろうか、と親としては焦っています。

高校見学は、なんとか一緒に行けましたが、勉強もしない状態です。
夏休みの課題も、あまり手をつけていません。

こんな状態で、一人で受験出来るのかさえ心配です。

あと半年、教室にはもう戻れないだろうなと思いますが、
別室での過ごし方や、卒業までに、やっておくべき課題など、
親としてどうサポートしたらいいでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

この普通の日常生活の中に不登校の
子どもを変えるチャンスがあるのですが、
見逃しています。


一年半も別室登校が続いて辛いと思います。

そして、中学3年生で受験勉強もスタート
させなくてはいけません。

いろいろな問題が降りかかってきたとしても
やることはシンプルです。基本に立ち返って、
対応することです。

これを聞いているあなたは、この子を
どうすればいいと思いますか?

不登校の原因は何だったでしょうか?

それは「他の子にはない豊かで繊細な
感性」を持っていることです。

お母さんはさらっと書いていますが、
この子は別室で本を読んでいます。

ここに気が付けるかどうかです。

本を読むという行為が1つの感性だと
気が付いているでしょうか?

誰もが本を読むわけではありません。

暇だから本を読んでいるわけでも
ありません。

本を読むのは、本の読む感性を持って
いるからです。切羽詰まって読んでいる
わけでもないです。

例えば、クラシック音楽をずっと聴いている
子どもがいれば、その子はそこに感性を
持っています。

他の子とは違う感性です。


今はスマホやパソコン、ゲームなどで
いくらでも楽しいことがあります。

それなのに、クラッシック音楽を聴いたり、
本を読んでいる。

これがその子の持つ感性です。

今は本を読む子なんてほとんどいません。
電車に乗れば、みんなスマホを見ています。
ゲームか、動画か、検索をしている。


受験生が参考書を読んでいるぐらいです。

本を読んでいる子どもを探すのは、とても
難しいです。

この子は感性をずっと出し続けています。
それを大人たちは見ています。それなのに、
その感性を育てようとは何もしていません。

本を読むぐらいですから、すごく賢い子だと
思います。

私の学校にも同じような子がたくさんいて、
みんな頭が良い子たちです。

大学も合格できます。

感性が本や読書にあるのはわかっても、
そこからどうすればいいのでしょうか?


不登校の子は自分を抑え込んでしまいます。

自分を出さずに、周りに合わせます。

それが苦しいから不登校になってしまって
いるのです。

「自己表現」させなければいけません。

それも感性を通じて自己表現させることで
自分を抑え込むことがなくなっていきます。

本が好きな子なら、本の感想文、作文を
書かせる。本の内容を討論する。自分で
本を書いてみる。

いくらでも自己表現できます。

それを学校に居る、今、やらないと
いけません。

本を読んでいるだけなら、それは音楽を
聴いたり、テレビを見ているのと同じです。
何も表現していません。

自己表現をする環境、機会を与えてください。

それでこの子は大きく変わります。

自分を出せるようになると、勉強にも自然と
向かい始めます。不思議ですが、そういう
ものです。自信が持てるようになります。


それでは、今すぐ、本を通じた自己表現を
させてみてください。

別室でやってみることです。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2316-bf6e1cf5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ