Entries

【不登校】夏休みは勉強?それとも、自分探し?どっちが大切なの…

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


『不登校の夏休みの過ごし方』については
こちらをお読みください。


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高1の息子についてです。

中学の頃はトップの成績でした。いじられキャラでしたが、
友達もいて楽しく通っていました。進学校に合格しました。

高校に入学したら、いろんなことを頑張りたいと思って
いたようですが勉強も難しくなり、クラスにもなかなか
馴染めなかったようです。

5月の中ごろから、朝スムーズに起きられず遅刻ギリギリ、
遅刻、欠席などが増え、夏休みの講習初日に行ったきり、
起きられなくなりました。部活も、塾もそのまま行っていません。

かなり頑張っていたのでストレスとか疲れかなと思い、
そのまま休ませましたが、昼近くまで寝て、起きてもスマホを見たり、
ゲームをしたりして、外とはかかわりを持たず、友達からのSNSも
スルーしているような生活になりました。

理由を本人に聞いても「さあ」としか言いません。

学校や塾の先生とも話しました。どちらも「いじられキャラ」と
言っていたのが気になりました。

夏休みなので、不登校ではないのですが、昼夜逆転し、
勉強もしていない状態では夏休み明け学校へ行かないのでは
とても不安です。

勉強のことなどあまり言うと反抗的な態度になります。

夏休み中はこのままで良いのか、もっと働きかけた方が
いいのかどちらが良いのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の原因がわからなければ、
何を働きかければいいのか、何をすれば
いいのかわからないです。


そして、間違った働きかけをすれば、
より悪化してしまいます。

不登校の問題で多いのが、ひきこもり、
昼夜逆転、精神不安定などです。

これらのきっかけの多くが親子関係が
ギクシャクすることです。親の間違った
働きかけで子どもが不安定になります。

そうなってしまうと、なかなか抜け出せず
不登校は長期化してしまいます。

高校生の場合、1学期間ぐらい休むと
それで留年が決まってしまいます。

なので、無理に焦ってしまうと逆効果です。

なぜ不登校になったのか?

「いじられキャラ」というのは手掛かりに
なります。

世の中には「いじられキャラ」の人は
たくさんいます。どこに行ってもいます。
それはあなたも知っていると思います。

でも、その人たちが全員不登校になる
わけではありません。

それもわかるはずです。

じゃあ、高校で進学校に入って勉強が
厳しいから、学校を休んだのでしょうか?

それも全員がそうなるわけではないです。

さらに、「いじられキャラ」と「厳しい勉強」が
重なったから不登校になったのでしょうか?
そう考える人もいると思います。

いろいろなストレスが重なったことで、
不登校になったのではないかって考えます。

しかし、もっと進学校でいじられキャラの子は
います。でも、不登校にはなっていないはず
です。


当たり前のことだけど、しっかり考えてみると
不登校の原因がわからなくなります。

私の不登校小冊子で詳しく話していますが、
不登校の原因は自分らしさを抑え込んで
しまうことです。


私たち人間は、自分の考えや想い、やって
見たいことを我慢すれば苦しくなるように
できていますよね。

小さい頃は親に合わせて、親の真似をして
生きています。

しかし、思春期になると、自分らしさが出てきます。

でも、真面目で良い子ほど、その自分らしさを
抑え込んで、周りに合わせようとします。それが
良いこと、正しいことだと思い込んでいます。


そのために、ストレスがたまるのです。

「いじられキャラ」というのも、自分のことを
馬鹿にされたら反撃でもすればいいのに、
言い返さずに、ぐっと我慢して、周りに合わせる
ようになっているはずです。

「自分らしさ」が全くどこにも出せません。

そのストレスの行き場がなくて、不登校に
なっているのです。

だんだんと無気力になっていくのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

夏休みにやってほしいことは2つです。

1つ目は、親子関係を良好に保つことです。


高校1年生で夏休みに真面目に勉強をずっと
している子はほとんどいないと思います。
そこばかり言ってもどうにもなりません。

それよりも、親子関係を良くすることです。

共感の会話法、共同作業法を実践してみて
ください。


詳しい方法は、メルマガでお話ししています。

親子で何か一緒に作業する、働く、動く、遊ぶ
事をやってほしいと思います。息子さんなので、
特にお父さんがやらないといけません。

2つ目は、この子の自分らしさを探してあげる
ことです。

勉強ばかりに目が行っていますが、本来、
子育ては、この子らしさを見つけることです。
そして、それを育てて開花させてあげることが
大切です。


この子らしさの部分を表現させる機会を与えて
自分を抑えることなく、自信を持たせてあげる。

それが必要です。

この2つで大きく変化してくれるはずです。

それでは、2学期から学校へ戻れるように
親子関係の改善と、自分らしさの感性を
見つけてあげてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2308-da9c3b23

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ