Entries

【不登校】進学校で学校から見放されている…

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


『不登校の夏休みの過ごし方』については
こちらをお読みください。


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

不登校になって約10ヶ月になります。
お陰さまで親子関係はほぼ良好です。

今はチャットゲームにはまっていて、そこの友達が
唯一の人間関係です。また、病院や行事も行くとは
言うのですが、結局いきません。

公立中高一貫校(県で一番の進学校)の中一ですが、
先生や学校からは、今からではついていけないのでは
といわれ、今後の個別の対応はできかねますとまで言われています。

もはや見放されている状況です。

今戻らないと、この学校は諦めるしかないということは、
本人もわかっています。このままでは、高校へも難しい状況です。

子供が自分から意思を示すまで、待ち続けるしかないのか、
どうしたらよいのかわかりません。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校解決に学校の協力は絶対に必要です。


しかし、学校の協力を得られない子がいます。

進学校に多いです。どうしても不登校だと
勉強の遅れがあります。その遅れを学校が
取り戻せないので、対応できないのです。

それと不登校対応のノウハウがありません。

おそらく、そういう学校では不登校になった子は
自主退学してしまうので、不登校を克服した
体験・経験・ノウハウがないのです。


だから、大変な思いをして対応するよりも
出て行ってもらったほうがいいのかもしれません。

不登校の子を持つ立場だと、厳しいと思うのは
当然です。

しかし、逆の立場だと、学校へ行きたくない
ような子の相手をするぐらいなら、補習でも
やって、うちの子の成績を上げてほしいと
思うのも当然かもしれません。

すべてが勉強基準になってしまっているので
不登校の子にはつらい状況です。


どれだけ子どもが学校へ戻る意思を示しても、
学校の受け入れ態勢が整っていなければ、
どうしてもダメになってしまいます。

学校でやってもらうべき事とは何か?

不登校の子には3つの不安があります。


1:友達への不安
2:勉強への不安
3:将来への不安

・・・


この3つを解決してあげなければ、完全に
不登校を抜け出すことはできません。

学校としてまずやらないといけないことは、
クラスメイト達への理解を促すことです。

学校を休んでいることを同級生たちは、
「ズル休み」だと思っています。


その認識を変えてもらう必要があります。

そして、次はクラスメイト達に協力してもらい
受け入れてもらわうことです。

そうやって友達への不安を解決します。

次に、勉強への不安です。

放課後などを使って補習してもらうように
しないと、勉強の遅れは取り戻せません。

最後が将来への不安です。

この子の場合、難関大学進学を目指して
いると思います。それが不登校によって
挫折したのか、どうかが子どもにとっては
大きな不安です。

「大丈夫だよ。」という声掛けが先生から
してもらえるかどうかです。

最低でもこれらのことをやってもらわないと
不登校の子が安心して学校生活をやれる
環境ではないです。


学校によって考え方は違います。

もちろん学校と言っても、先生一人ひとり
考え方が違います。先生と話し合うのは
お母さん自身です。

担任がダメでも、学年主任、教頭先生と
話していくしかないです。

それでもダメなら次の方法へ進む。

子どもから動くのを待つだけは
やってはいけません。


不登校の子は、待てば待つほど精神状態が
不安定になります。

人と関わらない時間が長ければ長いほど
対人恐怖症のような状態へ発展していく
子たちがたくさんいます。

だから、待つよりも手を打ってください。

私の高校には毎年多くの不登校の子が
入学してきます。

共通しているのは、欠席日数が300日と
100日の子では、300日の子のほうが
対応が難しいという事です。

非常に難しいです。

少しでも早く学校へ戻すように動いて
ほしいです。

だから、待ち続けないでほしいです。

子ども一人で動けるなら、もう動いています。

動けないから、私たち大人が動かして
あげないといけません。

そのためには大きな決断も必要かもしれないです。

しかし、今のまま待つという選択肢はありません。

そのことを理解して、何をするのかを
決めてください。

細かいアドバイスやヒントについては、
メルマガやブログで話しているので参考にして
みてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2307-42702385

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ