Entries

【不登校】小学校、中学校、高校でも不登校で、留年前に転校・・・

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


『不登校の夏休みの過ごし方』については
こちらをお読みください。


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高1 女子です。小 中 高と 不登校です。

高校に入学して 娘も頑張っていましたが
やっぱり 思うようには登校できず留年まで
ギリギリで 夏休みに入りました。

このままだと 9月いっぱいくらいで留年すると
思います。

本人は 今の全日制高校に 残りたいようですが
多分 難しいと思います。通信制高校への転校も
考えています。

留年が決定するまで 頑張らせるべきか
その前に 転校すべきか悩んでいます。
通信制高校の多さににも 悩みます。

勧誘の電話が多く どんな学校を選べばいいのか?
通学時間も 1時間はかかる所ばかりです。

今度こそは 楽しく通える学校を選ばせてやりたい。
学校選びで大切な事を 教えてください。

******************終わり******************************

……

回答:

小学校からずっと不登校で高校進学後も
不登校が続いています。


高校は小学校や中学校とは違って、時間が
まったくありません。すぐに出席日数不足に
なります。留年が決まります。

そして、そのまま通信制へ転校して、また
不登校になって、家にひきこもります。


社会と断絶して孤独に生きるようになります。

何年間も不登校が続き、小学校、中学校、
高校と不登校になっているのは、何かが
間違っているのです。

それに気がつかなかったら、通信制へ
転校しても結局は同じです。

このブログでも何度も通信制で再び不登校に
なっている相談を紹介しています。

子ども自身は何も変わっていないままで、
学校を変わっても同じです。何を変えるかを
分からないままだから、同じことが繰り返されて
いるのです。

何が原因で不登校が続くのか?


「本人もがんばっている。」

この言葉が、不登校に対する間違った
考え方でもあります。

不登校を何か「心の問題」だと思い込んで
しまっています。心の浮き沈みみたいなものが
あって、それで行けないのだと考えています。

心のエネルギーが満タンになれば、学校へ
通えるようになると考えがちです。

私も最初、そのように考えていました。

しかし、不登校の子たちと過ごしていくと
心の問題ではないのだと気がつきました。

例えば、勉強をがんばってやっているけど
成績が上がらない子がいます。

心の問題でしょうか?

努力が足りないからなのでしょうか?


おそらく、勉強のやり方がわからないのです。
どうやって勉強すればいいのか、あるいは、
持たされているテキストのレベルが合って
いないのです。

心の問題とは関係がありません。


自分に合ったテキストなら楽しみながら、
学ぶことができるようになります。

心が先ではありません。

不登校も同じです。学校という環境が自分の
感性と合っていないことが原因です。それで
苦しくなっているのです。

自分らしさを抑え込んで、無理に周りだけに
合わせようとしてしまう。

それでストレスが蓄積されてしまうのです。

合わないのが原因なのに、心の問題だと
勘違いしています。


例えば、自分に合わない音楽があります。
クラッシック音楽が苦手な人、ロックが苦手な
人とか、います。


あなたの苦手な音楽のジャンルがあります。

それをずっと聞かされて、我慢している状態が
不登校の子が学校に居る状態だと思えば、
わかりやすいはずです。

心の問題とは違います。

感性の違いですよね。

合わないものは合わないです。

では、どうすればいいのでしょうか?


学校をいくつ変わっても、自己表現をして
いかなければ、何も変わりません。

中学校、高校へ進学しても自己表現を
するわけでもないです。転校しても何か
自己表現するわけではないです。


この子の内側に押し込められている感性を
表現させてあげる必要があります。

それをやってあげることです。

自分らしさを出せる環境を用意することです。


ということは、この子の感性が何なのかを
知らなければいけません。見つけないと、
どんな環境を与えればいいのかがわからない
ですね。

私はどの学校でも良いと思っています。

場所の問題ではないです。周りの大人が
不登校の子をどう見るかのほうが大切です。

この視点で、子どもさんを見つめなおしてみて
ください。

新しい変化が起きるはずです。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2302-f97a2780

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ