Entries

【不登校】イジメで社会不安障害になった子

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

現在、高校一年生です。

中学2年のとき、部活生徒のいじめに遭い、
悪口、からかい、などを受け、それ以来様子がおかしくなり、
「死にたい」「人の目が怖い」「人が怖い」と、言うようになり、
たまに家で暴れたり、それでも学校に行かせていました。

その子からのいじめはなくなりましたが、からかい、悪口、
笑いものにするようなことが時々あったようです。

中学3年の初め、また部活関係の生徒たちに、
いじめ(暴言、からかい)を受け、「人生諦めた」
「生きていても楽しいことなんてない」「死にたい」

以来、せっかく入学した高校もほとんど行かず、ゲーム三昧の日々です。

思春期外来で抗うつ、抗不安薬を処方してます。(社会不安障害と診断)

朝は起きられず、昼頃起床、それからずっとリビングでゲーム三昧です。
ゲームも決まったゲームしかしません。漫画もテレビも見ません。
運動も大嫌いです。

私も、学校へ行きなさいということは言わないように、
子供の心に寄り添うよう心掛け、現在は、家での表情は良いですが、
外には出られません。コンビニさえも一緒でも行けません。

家から外に出ることが苦痛です。
病院の待合室も人がいるから嫌だと言います。

本人も苦しんでいて、どうにかしたいと思っていますがどうにもならない
「治らない」と、思い込んでます。

このまま、黙って、見守って行ったらいいのか、
登校を促すようなことをして行ったらいいのか、
きつく言い聞かせたほうがいいのか。

******************終わり******************************

……

回答:

とてもかわいそうな子です。

イジメを受けて、人が恐くなり、外へも
出られなくなってしまいました。


対人恐怖症、社会不安障害などが出て
います。ただし、病気ではなく「障害」なので、
改善の余地はあると思っています。

今は、抗うつ薬や抗不安薬などを処方されて
います。

私は学校教育を通じて改善する方法しか
知りませんので、薬を飲まれている今は、
お医者さんに頼るしかありません。

親がどうとかの問題ではなくて、人間不信が
問題の根本です。

イジメを受けていたのに、ずっとその環境へ
行かされ続けたわけですから、本人には
地獄だったと思います。


ですから、人間不信になって当然です。

私の学校にもイジメを受けて、心に深い
傷を負っている子が入学してきます。

ある男の子がいました。名古屋から来た
子でした。


誰とも話さず、完全に心を閉ざしている。

大人には当然、心は開きません。親とも
しっかり話す事はありません。同級生にも
何も話そうとしません。

授業で当てられても、何も答えない。

そういう状態の子もいました。

イジメで酷い暴力や言葉を言われて心を
閉ざしたのです。


この子と同じように部屋に引きこもって、
外へ出ようとしませんでした。それでも
お母さん、お父さんが私の所へ連れて
来てくれました。

1年が終わる頃から、様子が変わり始めた。

たった1人の友達ができたのです。

その子との交流で、少しずつ、少しずつ
時間を掛けて心が開かれてきました。

高校2年生になってから、私と話をしても
ニコっと笑ってくれるようになりました。
女子生徒とも話せるようになりました。

強くならないといけないと思って、
筋トレをスタートもさせて、二度とイジメ
られないようにしようと努力しました。

これは一例です。

イジメは私たち大人が考える以上の
深い傷があります。


薬を飲んで治るようなものではないです。

では、これからどうすればいいのでしょうか?

私は心の傷は、同級生、同年代の子との
交流がとても有効だと思っています。

ですから、学校でそういう子を探す作業を
しなくてはいけません。

でも、学校へ行かないと話になりません。

ゲーム三昧を改善が必要です。

自信を持たせなければいけません。

そこでやってほしいのが、お父さんの
役割です。男の子に自信が無い場合は、
ほとんどがお父さんが自信を与えていない
ことが多いです。


父親と息子の関係改善が急務です。

方法は、お父さんが息子さんと共感の会話、
共同作業法をやってもらうことです。


無理なら、お母さんが「身代わり会話法」を
やって下さい。詳しい方法はメルマガや
ブログでも紹介しています。

そこで父親から認められる事で、少しだけ
自信を持てるようになります。


それで学校へ向かう気持ちが出てきます。

でも、対人恐怖があるので、ここから学校と
しっかり協力しなければいけません。学校が
どの程度対応してくれるかです。

この子のイジメを受けた状況を理解して、
クラスのみんなも理解してくれるかどうかです。

まずは、親子関係を良好にして下さい。

これからどうなるにせよ、親子が断絶すれば
すべてが終わってしまいます。

それでは、今すぐ、お父さんに共感をスタート
するように言って下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2277-fa68b6e8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ