Entries

【不登校】朝起きると、頭痛・腹痛に襲われちゃう。

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

息子(中1)も去年の秋から不登校で、
腹痛や嘔吐、頭痛などでずっと薬を飲んでいますが、
全然治っていません。

中学になって行けるようになるかと思ったのですが、
GW明けから、また行けなくなりました。

性格は口数が少なく、自分の意見を主張するような子では
ありません。我慢するタイプです。

最近ようやく、6年生の時に辛かった出来事を色々話して
くれるようになりました。担任の先生の理不尽な対応に、
いつも違和感を感じていたようです。

ただ、今でも腹痛や頭痛は続いており、薬はずっと飲んでます。
薬で治るものではないのかな・・・とはなんとなく感じていますが、
処方されたものを勝手にやめてもいいのか悩んでいます。

朝起きた時に毎日起こる、頭痛や腹痛。とりあえず、一日も早く
体調を改善してあげたいです。学校よりも身体の方が大事です。
とりあえず一日を快適に過ごしてほしいです。やっぱりまだ、
学校にトラウマなどがあるのでしょうか?

それとも、心配しすぎる私に原因があるのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子は、体調不良になる場合が
とても多いです。頭痛や腹痛、吐き気が
一番だと思います。


起立性調節障害、睡眠障害などの
睡眠、起床に関する問題もあります。

それで、病院に行くと複数の薬を処方される
ようになります。

頭痛や腹痛の薬は、それほど副作用は
ありません。少し眠たくなるぐらいです。
痛み止め程度なので、私の経験では、
それほど心配しなくても良いと思います。


寝るとか起きるとか、精神安定剤とかの
脳に直接作用する薬の副作用が強いように
感じます。


日中、活動ができなくなります。

私はお医者さんではないので、あくまで
経験で話しています。

もし、飲んでも効果が無いようなら、しっかりと
お医者さんに相談された方がいいです。

結局、これらの体調不良の原因は、
「ストレス」が引き起こしています。


そのストレスを取り除かない限りは、頭痛や
腹痛も消えません。ただし、多くの不登校の
子たちが、頭痛や腹痛を解決できているので
安心してください。

なぜ、ストレスが起きるのか?

原因は「親」です。

親が悪いと言っているのではありません。
ただ、子どもが親に対して恐怖心を持って
いて、それがストレスになっています。


そのことを理解しなければいけません。

簡単に言ってしまえば、子どもは親を
怖がって学校へ行っています。

私も学生の時、親が恐くて、行きたくない
日でも行きました。親の顔が思い浮かぶ
からです。

でも、不登校の子は学校へ行けません。

親が恐いけど、体が学校へ向かう事が
できません。そこにストレスが起きています。

「学校へ行けなくて、親に迷惑を掛けてる。」

「ダメな子どもだと思われたら、このままだと
親に捨てられる・・・」


最低でも、これぐらいの恐怖心はあります。

その事が頭痛や腹痛になっています。

では、どうすればいいのでしょうか?


不登校解決で大切なことは、解決の順番を
きちんと守ることです。

前回、不登校の7つのステージについて話しました。

まず最初に、私たちがやるべきことは、朝、
学校へ行かなくてもいいから、8時ぐらいまでに
起きる習慣を持たせることです。


「学校へ行かなくてもいい」というところが、
とても大切です。

子どもは、「朝起きる」=「学校へ行かないと
いけない」→ストレスが起きる→頭痛・腹痛、
という流れになっています。

それを、「朝起きる」→「学校へいかなくていい」
→ストレスがない→頭痛・腹痛にならない。


まずは、この流れを作ってみてほしいです。

「朝起きて、しんどかったら学校へ行かなくて
いいからね。」

と、明確に休む許可を与えていない人が
います。それが子どもの恐怖心を増幅させて
いるのです。

それで、学校へ行かなくても、朝起きられる
ようになったら、次は別室登校です。

親のストレスは消えても、学校のストレスは
残っています。特に、友達への不安です。
それらを解消してみることです。

まずは朝起きても休めるように許可して
あげてください。

お母さんだけでなく、お父さんもです。

それで体調が改善して、学校へ向かう
気持ちも出てくるようになります。

みなさん、これで改善しています。

それでは今すぐ、朝起きれても学校を
休んでもいいよ、って話して下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2276-7a135f7c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ