Entries

【不登校】パソコンに熱中する息子をどうやって学校へ戻せばいいのか?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

我が息子中学二年生は今年の3月くらいから、
学校を休みがちになりとうとう五月頃から完全に
不登校になってしまいました。

本人からは明確に学校に行きたくない理由は
はっきりと話しません。

顧問の数学教師が部活で厳しく、そこで不出来なところを
数学の宿題を倍にして本人や数人の他の子を厳しく
指導する事がありました。

息子は幼い頃から神経質な性格で、気に入らないことは
頑としてやらない、人の意見を聞かない、でも、おと
なしく人には優しい性格です。

今は毎日コンピュータのプログラムを習いたいと久しぶりに
主張する息子の姿があります。

学校に登校しないで好きなようにやらしてよいのかが
わからない状態です。

何かアドバイス頂けたら助かります。

******************終わり******************************

……

回答:

私の学校にもプログラミングが好きな子が
多くいます。

アプリを作ったりしています。

不登校の子で数学ができる子は、ロボットや
科学実験やプログラミングなどに興味を示す
傾向にあります。

だから、不思議な事ではありません。

しかし、私からすれば、これは文系の子が
小説を読むのが好きなのと同じです。


だから、結局は一人の世界に入ります。

そして、ネットの掲示板で同じ趣味の子と
やり取りするようになります。さらに、現実の
世界から離れていきます。


この子たちに話を聞くと、同じような行動を
していました。部屋にこもって、黙々と
パソコンに向かっていました。

このままの状態が続くと、現実逃避から
部屋にひきこもります。

中学卒業まで学校へ戻れなくなります。

何が学校へ戻れない原因なのか?

相談者も気が付いているように、
小さい頃から周りに気を使い、神経質で
頑固です。

別に、このことが不登校の原因ではない
です。こういう人は世の中にたくさんいます。

この子の性質に「繊細な感性」が加わると
不登校になってしまいます。


プログラミングが好きなぐらいですから、
繊細であるのは間違いありません。緻密な
計算や文字列の組み合わせをする根気と
能力が必要です。

プログラミングは1つでも間違いがあれば、
絶対に作動しません。

100%か0%かの世界です。

先生なんかが少し理不尽な事をすれば、
それが100%理屈通りでなければ許せない
のです。


そうやって、少しずつ学校や周りと合わなく
なっていったわけです。

周りとのズレはとても大きいです。

しかし、本人はプログラミングと同じで
100%正しいと思っているので、自分が
学校へ行けない理由が分かりません。


おかしいのは周りなのです。

このズレが大きな原因でもあります。

では、これからどうすればいいのか?


本好きでも、パソコン好きでも同じですが、
自分一人の世界から抜け出す事が大切です。

例えば、本好きの子なら、作文を書かせて、
そして、本について誰かと議論させます。
そうすることで、共有世界へ導けます。


プログラミングだって同じです。

誰かと、実際に話し合いながら作ることが
大切です。

あのビル・ゲイツだって中学生ぐらいで、
プログラミングをやっていました。

一人ではなく、友達とです。

それが今のパソコンになったわけです。
だから、話し相手が必要です。


その相手を学校で探す事です。

私の学校でも、最初は誰もいないと思って
いたのですが、聞いたら数人の子が手を
あげてくれました。先生の中にもいました。

それでサークルにして、放課後にやらせて
いるんですね。

その人間関係の中で、また鍛えられます。

学校へ戻る時には、この環境作りができるかが
大切です。

学校へ戻す為には、まずは親子関係が
良好であることが必要です。共感の会話や
共同作業法をやってください。


一緒にプログラミングをやるべきです。

一緒に本を読むべきです。

そうすれば、家の中は良い雰囲気になります。
そして、次は登校刺激をして、別室登校へ
導いてあげます。

大切なことは、学校でプログラミングができるか
どうかです。それについて話ができる人が
いるかどうかです。


まずは、学校の先生と話をしてみてください。
そこからだと思います。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2259-8d0e5122

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ