Entries

【不登校】「起きるのが遅かったから、学校へ行かない。」という息子の動かし方とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中二 長男 が とうとう学校に行かなくなりました。

長男は小さい時から 大人しく コミニケーション取るのが苦手で
友達は少なく小学校時代は 図書館通いでした。2歳下の弟に
やたらあたります。困ります。

朝起きれず、遅刻を嫌がり休む、と言うパターンです。

小4の時に軽い不登校になりました。小学校卒業、中学は
学校生活、部活、塾、週末の試合をうまく こなせず 疲労が
たまると 休みがちに…

中一の秋に クラスで軽いイジメにあい、解決はしましたが
そこから休む頻度が増えてきました。

中二になり勉強する気力を失くし それからは学校に行く
意味ないと言い出しました。並行して嫌なことから
逃げるようにタブレットで動画を見続けたり 夜ふかしが
酷くなり 朝起きれず 寝坊。

朝起きれないことから 行く気を失くしてしまい 遅刻を嫌がり
休むパターンに困っています。遅れてでもいいからいって欲しいし 、
まず学校に間に合う時間に起きれるようになってほしいです。

******************終わり******************************

……

回答:

こういう時系列で相談内容を書いて
いただけるのが一番うれしいです。


「朝起こすにはどうしたらいいの?」

という、直球の質問もいいのですが、
しっかりと回答させていただくには
こうやって時系列で詳しく書いてください。

不登校も、中学生で初めてなる子と
この子のように小学生から繰り返して
いる子がいます。

そういう子では対応が違います。

当然、根が深いです。

子ども自身は失敗を繰り返した結果、
行けなくなったと、強い失望感を持って
います。

それを親が無理に学校へ行かせようと
すれば、反発が起きます。

あるいは、精神的に追い詰められてしまう
可能性があります。そこから昼夜逆転、
ひきこもりへ発展するかもしれません。


なぜ朝起きないのか?


時系列で子どもの不登校への過程を
見れば、この子が学校に合わないことが
よくわかります。

朝起きれなくて、遅刻するから学校へ
行かないのではないです。

学校へ行きたくない、面白くないから、
朝起きれず、遅刻をするきっかけを作って
学校へ行かないのです。


逆です。

この流れを理解してあげないと間違った
対応をしてしまいます。

もう一度言いますが、朝起きない原因は
学校に行きたいないから起きないのです。
朝起きないから、学校へ行けないのでは
ありません。

この子の小学生の頃からの状況から
考えれば、必然的に、そういう結論に
なると思います。

「疲労がたまる・・・」

というのは、周りに合わせる疲労です。

勉強に疲れたとかではなくて、自分自身を
押し殺して周りに合わせ過ぎる疲れです。
こういうものが学校へ行くことを拒絶させて
いるわけです。


さらに、

そこに付け加えるなら、親からの無言の
プレッシャーも大きいです。


学校でいじめられ、周りと合わないのに
親は学校へ行って、良い子であることを
望み続けていると感じています。

良い子を演じ続けられないから、
学校へ行かない事にしているのです。

では、どうすればいいのでしょうか?


2つの事をしなければいけません。

1つは、学校をこの子にとって面白いと
思わせる環境にすることです。


これがなければ、不登校解決はないです。

イジメまで受けて、さらに、自分を出せる
環境でない場所に、今はなっています。

2つ目は、朝起こす事です。

これは私がずっと話しています、共感の
会話法、共同作業法で解決できます。


子どもの感情に共感してあげる、朝起きようと
しても起きられない気持ちに共感します。

学校へ行けないことに共感してあげる。

決して、同意しているのではないですよ。
共感しているだけです。

「あなたの気持ちは、お母さん分かって
いるからね。」

これが共感です。

「あなたの気持ちとお母さんは同じだからね。」


これは同意です。

学校へ戻したいのだから、同意するわけでは
ありません。あくまで共感するだけです。

この共感の態度こそが、子どもを安心させる
ことになります。朝起きることを恐がらなく
なるのです。


もし、すごく親子関係が悪いなら共同作業法で
改善すると良いですよ。

みなさん、これで改善しています。

朝起きたら、次は登校刺激のステージに
入ります。詳しくは、メルマガで読んで下さい。

それでは、今すぐ共感の会話法を使って
子どもを朝起こしてみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2257-b32a49f9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ