Entries

【不登校】高校留年が近づいた時の対応とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高校の近く部屋を借りました。
高一ですが もう36日休んでいます。

このままいくと 7月で留年がきまります。
土日は 自宅へかえるのですが、アパートへもどるときは
いつも ため息ばかり ついています。もう、通信制の
パンフレット取り寄せたほうがと 学校からいわれました。

起立性の症状も 少し良くなったようです。なにが
子供を動かすことができるでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

留年間際の状態の高校不登校の子の
対応について話します。


この子も学校へは通える時に通って
います。ですから、学校で対応ができる
状態ではあります。

しかし、現時点で高校側から通信制への
転校を勧められている状態です。

もうリミットを過ぎたと学校は判断しています。


高校はわずか2カ月程度休んだだけで
留年が決まってしまいます。

ここで間違った対応や遅い対応をすると
大変な事になってしまいます。

実際、大人のひきこもりを診断している
精神科医の先生たちは、この大人たちの
多くが高校や中学の不登校がきっかけに
なっているとおっしゃられています。


つまり、この高校を辞める時に行き先を
決めずに辞めると、そのままひきこもる
可能性が高いのです。

そして、そこから何年、何十年とひきこもり
生活が続いてしまいます。

そういう厳しい状況にあります。

しかし、子ども自身はわかっていません。
理解していません。何とかなるだろうと
思っています。


現実世界の厳しさを知りません。

全日制高校を辞めて、友達や兄弟とは
違う道を進むことになるのは、とても厳しい
ことです。

口では「何とかなる」と言っても、現実は
そうではありません。

例えば、私の学校へも高校転校の相談が
毎日ありますが、留年が決まってからでは
転校はできません。

お断りすることが度々あります。

また、通信制や定時制へ通われている方も
転校相談がありますが、全日制とはそもそも
カリキュラムが異なるので転校はできません。

これだけでも厳しいと思います。

自由にはできないのです。

では、どうすればいいのでしょうか?


転校するにしても、退学するにしても、
行き先を決めて、次へ進んでください。

時間的余裕はもうありません。

何か声掛けをして、奇跡が起きるわけでは
ありません。そんな簡単な問題ではないのが
不登校です。

厳しいようですが、留年を回避できる状況に
今はありません。アパートでの一人暮らしも
強制力が少ないからです。

結局、こういう緊急の時に、悠長に子どもの
意見が出るまで待っていてはいけないと
いうことです。


それで失敗されている方がたくさんいるのを
見て来ています。

本当になぜ、あの時に動かなかったのか
悔まれている方がたくさんいます。


ですから、親が強く決断するべきです。

もちろん、共感の会話・共同作業法が
あっての話です。

高校転校だけは、かなり厳しく対応して
いかないと、本当に後々大変な事に
なります。

このまま留年して、行き先も決まっていない
ままだと、家で何もせずボーっとしている
だけです。

この状態は社会と断絶している状態です。

これだけは作ってはいけません。通信制
でも、何でもいいですから、繋がっておく
ことが大切です。

もちろん、親としては子どもの将来を実現
出来る学校を選択しなければいけません。

時間がありません、今すぐ決断して行動して
ください!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2256-e27c566a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ