Entries

【不登校】私立中高一貫の中学3年生の進路

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

息子中3、六年一貫校に在籍しています。

不登校になって2年。高校を代わることを
選択しないといけない状況です。

信頼関係築けていないようです。
何を聞いても返事しない。

息子は何を言っても聞いてもらえないと思っている。
話すことに自信がない。

これからどうしたいか教えてほしい。今の学校に
いたいのか他の学校に行っていいと思ってるのか、
学校はいかないのか話してほしい。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子に何か求めても、聞いても
答えは返ってきません。

話さないのです。

自分の内にこもっています。

それだけでなく、不登校の子は自分が
どうすればいいのかもわかっていません


子どもに答えを求めても無理です。

親が答えを出さなければいけません。
「待って」いても、何も起きません。

もちろん、信頼関係を築くことができれば
少しは話してくれます。しかし、最後の
決断は親がしなくてはいけません。

中学生や高校生は、世間を知りません。

今まで親の言う通りに生きてきただけ
なので、ここで急に決断を迫られても
どうしようもないのです。

わからないのです。

しかも、不登校という状況になっていれば
さらにわからないです。不登校の原因も
わからないので、これからどうすれば
いいのかもわかりません。

これが不登校の子の真実の姿です。

中高一貫校に在籍している不登校の子は
高校進学ができないか、できても、対応は
今までと同じです。高校は欠席に限度が
あるので、すぐに留年・退学してしまいます。


今の学校に居ても変化が無いなら、学校を
変わるのも解決法の1つです。

しかし、それを子どもは決断できません。

なぜ決断できないのか?

小学生の時、塾に通って、お母さんの力を
借りて合格できたのが今の学校です。

その学校を自分から変わると言えません。

お母さんに申し訳ない気持ちがあります。
大人のように割り切っては考えられません。
あくまで子どもは、子どもです。親の顔色を
見ているのです。

そのことをよくわからなければいけません。

そして、何よりも、こうやって不登校になって
孤独化している状態です。

親子の距離を今まで以上に縮めなければ
子どもの親に対する恐怖感は消えません。


親子関係の改善をすることが先です。

そして、親が先導して、進路を決断して
いくことです。


私の所には、今年も、中学3年生の子に
進路を決めさせようと親が待ち続けて、
そのまま高校未入学になっている相談が
たくさん届きました。

不登校の子が決断できると思っている
のです。

できているなら、学校へ行けています。

厳しいようですが、子どもの人生がかかって
いることなので、真剣にならざるえません。

では、どうすれば親子関係は改善するか?


まず最初に、この子は思春期だということを
理解しておく必要があります。思春期の
男の子は母親に反発するものです。

それが普通です。

ですから、ある程度の距離があるのは仕方が
ありません。

そして、大切なことは息子さんと父親の関係が
最も大切です。学校を変わるというのはとても
大きな決断です。


父親を無視してはできません。

だから、父親との距離が大切です。

お母さんだけ改善しても、大きな変化は
ありません。

方法は2つあります。

「共感の会話法」「共同作業法」です。


この2つを一緒にやってみてください。
詳しいやり方はメルマガでお伝えしている
通りです。

方法は簡単ですからやってみてください。

重要なことは、不登校の子の心理を
理解してあげることです。私の解決法は
この心理に沿って解決しているだけです。


どうしても問題が起きた時、親は自分の
目線で解決しようとしてしまいます。

「これぐらいわかるだろう。」


そう思ってしまうのです。

自分勝手に解決しようとしてしまいます。

子どもの意見を尊重しようとしている
ようですが、それも、決して子どもの心理を
理解しているわけではないです。

まずは、親子関係、父子関係を改善して
みてください。

そして、学校を変わるという大きな決断は
ぜひ、親御さん自身がされてください。

もちろん、子どもの同意は必要ですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2254-51d58ed7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ