Entries

【不登校】カウンセラーの言う通り「学校の話」はやめたけど、動かない・・・

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

今春 高校に入学後 すぐに行けなくなりました。
学校は第1志望の学校に推薦で入りました。

周りの人のことを考える優しい子です。
中学校まではとても活発に明るく行っていましたので
まさかの出来事でした。

学校の話をすると表情が曇り、行ってみない?と聞くと
固まって動けなくなります。

ただ 学校以外のことは全くといっていいほど以前と
変わらぬ生活、様子です。洗濯、料理、掃除と私の手伝いを
たくさんしてくれます。

いまだに学校に行けない理由がわかりません。
本人に聞いてもわからないから困ってるといい張ります。
カウンセラーの方に学校の話は一切しないと指導を受け
できる限りしないようにしてきました。

高校生ですので、出席日数が気になります。
欠席できる日数が少なくなってきて不安です。

1日少しづつでも行けるようにするには声をどうかけたらいいのか、
登校刺激はどうしたらいいのか 教えていただきたいです。

******************終わり******************************

……

回答:

カウンセラーの指導を間違って理解して
しまっている方がたくさんいます。

今回、正しい理解をしてください。

カウンセラーの先生たちの多くは、必ず、
「学校の話をしないで、休ませましょう。」
と言います。


これは正しいです。

最初の一週間だけは。

しかし、1週間経過しても、ずっと子どもの
自由にさせていて、それをすれば学校へ
戻ると思ってしまいます。


これは大きな勘違いです。

カウンセラーの先生も正しいことを言われて
います。あなたも先生の言う事を守って
います。誰も悪くありません。

カウンセラーの立場から話します。

これを知っておくと先生が何を言っているのか
良く分かると思います。

カウンセラーに相談に来る方の多くは、
焦っています。そして、たいていは親子間で
問題があります。学校に無理に行かせようと
喧嘩しています。


そこでまずは「焦らず、学校のことは言わず、
家庭の中を安定させましょう。」とアドバイス
しているのです。


実際、焦っているお母さんの多くは自分を
見失っています。

自分が正しいと思っているので、喧嘩をして
いても、子どもがおかしいので自分は悪く
ないと思っています。

相談の時に正直に話さない方もいます。

だから、一番無難なアドバイスをしなければ
いけないのです。

不登校解決には親子関係の改善が最初に
やるべきことです。ですから、カウンセラーの
アドバイスは正しいのです。

しかし、親子関係が改善したら、それ以上
待っていていも何も起きません。


早く登校刺激をしなければいけません。

真面目に待ちつづければ、大変な事に
なってしまいます。高校生ですから、
当然、留年になります。

そうなれば退学して、ひきこもり生活へと
発展してしまいます。

不登校の原因については、すでに私の
不登校小冊子を読んでいただいていると
思います。


学校へ行けない理由は不登校自身も
わかっていません。

聞き続けても仕方ない部分があります。

これ以上待っても何も起きません。

結局、この子も優しくて自分らしさを
表現する事ができないのです。自分を
内へ抑えつけているんです。

それでは、これからどうすればいいので
しょうか?


メルマガで紹介してる「登校刺激会話法」を
使って、別室登校へ誘導してください。

不登校を動かす時に大切なことは、
「学校行ってみない?」とかYesかNoで
答えられる質問をしないことです。

聞き方がみんな間違っているのです。

そうではなくて、子どもが自由に答えられる
質問の仕方をしてあげることです。

なぜなら、親の焦りが伝わってしまうと
思春期の子なので反発してしまいます。


だから、あくまで表面上は「あなたの意見を
私は尊重しますよ。」という質問方法を
採用しなければいけないのです。

面倒くさいのはよくわかります。

しかし、そうすることで動き始めます。

まずは学校へ行くことです。

そして、次は不登校の原因である自分を
抑え込んでしまう部分を改善する教育を
していかなくてはいけません。

先、先を見て対応して行く。

不登校の7つのステージについても
頭に入れておいてください。

大人として現実的に、迅速に対応して
いきましょう。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2250-6ce5bd76

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ