Entries

【不登校】「うるさい!」と母親を寄せつけない息子への効果的な接し方

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

共感の会話法をやっていますが、
息子は「うるさい!」と言って嫌がります。

どうすればいいでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

共感の会話ができない家庭があります。

お母さんが焦って、息子さんを動かそうと
いう気持ちが出過ぎると、反発が強くなって
しまいます。

息子さんは敏感に察知しています。

焦るのは当然です。

しかし、思春期の子どもは反発するのが
普通なので、それを前提で接して行く
必要があります。

このままだと、喧嘩になり、ひきこもりの
生活から精神病を患ってしまうかもしれない
です。そういう子はたくさんいます。

しっかりと原因を解決しないといけません。

共感の会話が上手くいかない人には、
「共同作業法」を教えています。


この方法はすごく簡単です。

子どもと同じ行動をするだけです。普通は、
一緒に料理を作るとかが共同作業です。
でも、不登校の子の場合は、同じ行動で
構いません。ゲームを一緒にする。

これだけで子どもの態度が大きく変わり
ます。

ゲームだけではなく、本を読んだり、テレビ
を見たりでもいいです。

何か子どもがいつも一人でやっていることを
隣で一緒にやってあげるといいです。

変に心の中を探ろうとかしなくてもいいです。

単純に楽しむつもりでやってみてください。

例えば、あるお母さんは子どものやっている
難しいゲームを一緒にやりました。最初は、
「どっか行けよ!」と言われたそうです。

でも、「お母さんヒマだから!」って言って、
やり方を教えてもらいながら、ゲームをした。

すると、いつもは朝10時に起きていた子が、
翌朝は8時前に起きるようになったのです。

そして、1週間したら別室登校を始めた。

そんな報告が私にたくさん届いています。

自分の不登校の事を怒っている親が自分と
一緒にゲームをしてくれる。それは、子どもを
プレッシャーから解放する事になります。

不登校の罪悪感が軽減されます。

すると、そこから共感の会話をもう一度やって
みるんですね。それで、子どもは親から勇気
をもらえます。

親を避けて起きて来なかった朝。

それがなくなるので、早く起きてくれて、規則
正しい生活リズムが戻ります。精神状態も
安定するので、活力が出てくるんですね。

そこから学校へ向かおうとする事ができます。

この良い循環、流れを作り出すのが、一連の
共感法です。

共感の会話の代わりに、今すぐ共同作業を
やってみて下さい!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2249-09445c92

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ