Entries

【不登校】真面目な子が不登校になってしまう本当の理由

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中高一貫の男子校高1の息子。

優しい子で、学校では目立たないのですが、
家ではひょうきんな面を見せる子です。

中3の2月から不登校。

不登校中に朝、起きられなくなりましたが、
昼夜逆転することはありませんでした。
過敏性腸症候群の症状ががひどく、電車に乗って
学校までたどり着けません。

本人が学校へ行くというので、一緒に電車に乗ったりも
したのですが。毎日下痢で、1回トイレに入ると2時間ぐらい
出てこれません。

今は、心療内科に通って漢方薬を飲んだり、教育センターの方に
相談に乗って頂いたりしていますが、ほんの少しずつ良くなって
いるような状態です。

勉強にもう追いつけそうにもないこと、ずっと休んでいて、
教室に入りづらいこと、体調が戻らないことなどもあり、
学校に行きたい気持ちと、もう、疲れた、という気持ち、
今後どうしたらいいのだろう、という不安から、下痢も
治らないのだろうと思います。

このまま悩んでいると、精神的にももっとつらくなると思います。

医者や学校心理士の方には、自立を促すためにも本人の意思に
任せて見守るように言われていますが、背中を押すことも必要に感じ、
対応を迷っています。

******************終わり******************************

……

回答:

同じような悩みを持っておられる方はたくさん
いらっしゃると思います。

急に不登校になって、体調不良が起きてしまい
病院に行っても、明確な改善方法が示されず、
立ち止まってしまっている。

子どもは学校を休んでしまい、授業・勉強に
ついて行く自信が無い。

友達や周りの目も気になる。

ますます行けない状況に追い込まれます。

この子の場合、高校生なので欠席に期限が
あります。2、3カ月で留年が決まって、退学
することになってしまいます。

時間もありません。

このままだと、本当に留年が決まってしまいます。
そして、家にひきこもり、出て来れなくなります。

だから、今すぐ対応してあげないと人生が
ダメになってしまいます。助けてあげないと
いけません。

何が原因なのか?

「優しい子で、学校では目立たない。」

お母さんがそう話してくれているように、
過敏性腸症候群になる子たちは我慢して
周りに合わせる子がとても多いです。

自分を出すのを恐がっています。

それが不登校の原因でもあります。

自分を出さないといけないのに、周りに
合わせ過ぎて、精神的に疲れ、ストレスで
体調不良になり、体が動かないのです。

学校を休めば、体調不良は改善します。

合わせなくて済むからです。

しかし、それも1週間が過ぎてしまうと
学校を休んだことによるストレスが起きて
くるようになるのです。

そして、部屋から出られなくなります。

学校を休んだ原因は、自分を出せない
ことです。

そして、今、学校を休んで、学校へ戻れない
原因は「勉強・友達の目・親の目」です。


この2つをしっかり分けて考えないと
きちんとした対応はできません。

本当に「見守って」いれば、すぐに留年に
なって、学校を辞める状況になります。
親以外、誰も責任は取れないのです。

では、これからどうすればいいのでしょうか?

勉強の不安、友達関係の不安などがあって
教室へ入れないのが不登校の心理です。

そこで、まずは学校へ戻るということだけを
目指して、別室登校からスタートさせて
いけばいいですよね。


最初から教室復帰は難しいです。

別室登校からやってみてください。

そこから少しずつ、勉強や友達への不安を
解消して、最後は不登校そのものの原因
である、自分を出す活動をさせてください。

不登校は「心」の問題だけだと思っていると
「待って」しまいます。


しかし、自分らしさを出すかどうかは、心では
ありません。練習みたいなものだと思って
います。


自己表現する環境、活動、教育がないことが
一番だと思っています。

日本にこれだけ不登校の子がいるけど、
アメリカにはほぼいません。

それは、アメリカでは自己表現が当たり前で
我慢することはしないし、我慢すれば、強く
叱られたりします。

日本は逆です。

それが不登校を生んでいると思っています。

自分らしさを出してもいいような環境を用意して
あげれば大丈夫です。

それでは、今すぐ、別室登校からスタートできる
ように先生と相談してください。子どもの不安を
理解しながら、対応してくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2240-e5854242

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ