Entries

【不登校】私立中学3年生で高校進学があやうい・・・どうすれば?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

息子中3で私立の中高一貫校に通っています。

入学当初は、はつらつと通っていたのものの、
クラスでいじめなどがあり、本人としては助けたいが、
先生からは自分の身を守るために余計なことはしないで、
そっとしておくよう指導があり、違和感を覚えながらも
なんとか学校に行けば通い続けていました。

中3になり、途中で引き返して、翌日も同様だったので、
さらにその翌日は父親が学校まで付き添って行きましたが、
途中で「学校をやめてもいいから行きたくない」との発言がありました。

早退遅刻を数回しました。本人は出席日数さえクリア
して楽に進学できればいいと思っていたようです。

ゲーム、携帯、ピアノ、読書を不機嫌にしているだけです。

学校の入学前のイメージと実際のギャップに苦しんで、折り合いを
つけながらなんとか今までやってきたものの、もう限界になったの
だろうと思います。

将来の為に高校に進学する必要があることを伝えて、このまま同じ
ところで過ごすのか、転校してやり直すのかもを考えて行動を始めようと
話をしたいのですが、気持ちが落ち込みすぎているので、今なのか、
待つべきか悩んでいます。

親の行動についてのアドバイスをお願いできてらと思います。

******************終わり******************************

……

回答:

この相談者の方も、不登校の問題の
本質を理解されています。

不登校は、子どもと学校が合わない
ことが基本的な原因です。合っていれば
学校へ行けています。


みなさんは合わないことを無視して、
子どもそのものを変えようとしています。
それで失敗してしまいます。

子どもを変えないようにすればするほど
学校へ子どもは向かおうとします。

そして、家にこもっている状態の時は
親が何とかしなければいけません。
学校へ戻ったら、学校が何とかしないと
いけません。親では何も出来ません。

変わる方は親であり、学校であるべきです。

ここで、最後、学校が変わらない場合が
あります。

そうすると、私たちはどうしようもありません。

不登校克服の条件は、親が変わり、学校が
変われるか、2つ必要です。


これが本質問題です。

不登校の子が自分で変われるなら、不登校に
なっていません。変われないから不登校に
なっています。

でしたら、周りの私たちや環境である学校が
変わる事で、子どもを変えて行くしかないです。

もちろん、そこで、高校から学校を変わるとか、
転校する子もいるでしょう。学校と話し合って
活動を変えて行く人もいます。

それは、今のおかれた環境に合わせて対応して
行くしかありません。

公立中学の子は、絶対に高校受験しないと
いけないわけです。それはそれで大変です。

先月からずっと、私立中学で不登校になって
そのまま高校進学して、不登校が続いている
相談をたくさん受けています。

これは当然で、メンバーも同じですし、何も
変わっていませんから、不登校は続きます。

現実的には、中3の間なら、転校もできるし、
高校受験もできるし、選択肢はたくさんあります。
しかし、高校進学してからですと、ほとんど
選択肢はないです。


そういうことも考えて下さい。

子どもに聞いても、子どもはほとんどそういう
現実問題を理解していません。

学校を辞めても、何とかなるんじゃないかと
考えています。これは仕方がありません。
社会を知らないのだから、そう思うのです。


「子どもの意見を聞いてみないと・・・」

と、言われる方がズルズルと引き延ばして
大変な状況に追い込まれているように、
私は感じています。

どこかで親自身が決断するべきです。

私は、まだ今の学校で活動を変えることが
出来るんじゃないかって思っています。


今のところ何もやっていないと思います。

その状態で転校なり、違う学校へ高校進学を
しても、また同じ事になります。問題は家では
なくて、学校での活動内容だからです。

子どもは変わらないですよ。

ずっと同じで真面目で、正義感が強くて、
自分を出す事ができないままです。


その前提で、どうやって活動をこの子に合わせて
いくかなんですよね。その話し合い、議論が
どこにもないんです。

それでは不登校のままで当たり前です。

どういう結論が出るにしろ、やることは同じ
だと思っています。この子が自己表現して、
自分を出せる活動を作ってみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2229-7ec95ef8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ