Entries

【不登校】子どもを学校復帰させるお母さんたちの正しい登校刺激法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

今年高校一年となり、一週間張り切って登校しましたが、
それ以降不登校です。

共感、共同作業を経て、今後の事を聞いてみました。

今は学校にも戻りたいとおもわない。バイトもしたいとおもわない。
何がしたいとかない。と、将来の希望がもてないようです。

留年というタイムリミットがあり、どこかで、方向性を出して
いかないとと思いますが、それ以上どう行動に移したらいいか
手詰まりです。外に出ないと何も始まらないと思うのですが。
本人が一番苦しいし、不安と思います。

今は、家の中で洗濯物を干す、お風呂掃除をするなどの役割を
してくれています。どう行動に移していくか、アドバイスお願いします。

******************終わり******************************

……

回答:

高校の不登校には留年のタイムリミットが
あります。

苦しくても学校へ向かう努力をしなくては
いけません。諦めたら、そこで終わりです。
このまま退学して、自宅に引きこもる子が
たくさんいます。


これは社会では問題にはなっていません。

なぜなら、それは自己責任だと思われて
いるからです。

病気なら仕方がない、病院に行きましょう、
ぐらいに思われます。

それぐらいでしか世間は考えていません。
とても厳しいです。自分で何とかするしか
ありません。

結論を最初に言います。

質問の仕方が悪いです。

「今後どうする?」「これからどうする?」と
完全にフリーな質問をしてしまうと、不登校は
家に居ることを選択してしまいます。


子どもは、将来のことはよくわからないし、
世間、社会の厳しさも知らないです。

高校を辞めたらどうなるかもよくわかっては
いません。

だから、こういう聞き方をしてしまうと、
親の方から学校へ行かないように誘導して
いるような結果になってしまいます。

学校へ戻したお母さん方は、

「どうやったら、学校に居られると思う?」

「学校で何がやれたら、安心する?」


と、質問させることが多いです。

学校へ戻る前提の質問をすることが大切です。

学校へ戻したい意図は同じですが、
質問の方法で子どもが家に居続けるか、
学校へ戻るか、違いが出てきます。

親子関係はとても良いようですから、
子どもが動きやすい質問法をしてください。

それと、男の子なので、お父さんから
声掛けをされると自信を持てたりします。
お母さんからではなく、お父さんからも
声掛けをして下さい。

本当に、たった1言で不登校の子が
学校へ向かうか、諦めてしまうかを
決めてしまいます。

カウンセラーの人でも知らない人もいます。

心の本音を聞いても、誰でもマイナスと
プラスの両方があるに決まっているんです。


不登校の子も学校へ行きたいし、でも、
行くと辛いし、友達から変な目で見られ
たくないんですよね。両方あります。

そのどちらを引き出すかは、質問の仕方に
左右されてしまいます。

そのことを意識して聞いてみてくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2220-fb9983cf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ