Entries

【不登校】がんばりすぎて学校が辛くなった娘さん

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中二の娘がいます。
中一の2学期から不登校です。

目標が高く、割と完成度の高い所を目指します。
出来るからだと思います。勉強が出来、状況判断力もあり
クラス役員を任されます。

見えすぎてしまったのだと思います。
争い事を嫌い、平和主義の優しい娘です。

娘も、どちらかというと自立心は高いと思います。
高いが故に、甘えることができなかった。もっと
頑張れると思っていたけれど、身体の方が言うことを
聞かなくなっていた。

状況としてはこんな感じでの不登校のはじまりでした。

人に泣きつく事ができたら、少しは楽になるのではないかと、
大丈夫、甘えなさい。と長女には小さい頃から言っていました。
彼女は頑張りすぎるんです。

今も。辛いだろう心の中をさらけ出せずに抱えてしまっています。
不登校の子は自立心が強いのではないでしょうか?

しっかりと甘えるすべや、甘えていいことを教えてあげたいと
思っています。

******************終わり******************************

……

回答:

私の学校には、この娘さんのようにがんばる
子たちがたくさんいます。


不登校の子の多くは、真面目で良い子です。

例えば、翌日テストがあると、完璧にしようと
夜中の2時を超えても勉強しようとします。
そういう子もいます。

掃除をするとなったら、窓についた指紋を全て
綺麗に拭き取ろうとします。

先生に言われた事、親に求められている事を
完璧にこなそうとするのです。


そして、争いごともすごく嫌いです。

クラス内でイジメなどがあるだけで、自分の
気持ちが悪くなってしまうこともあるぐらいです。

お母さんは自立心が高いと言われています。

私は不登校の子を見ていて、そうは思いません。

自立心というのは、何か目標に向かって
がんばるものとは違います。向上心とは
違います。

他がどうであれ、親がどうであれ、自分は
自分。自分一人で誰の迷惑も掛けずに、
生きていく強い心のことです。

この子の場合、勉強も出来て、判断力もあり、
クラス役員もしています。

つまり、大人にとって良い子です。

大人、親が求める良い子になろうとがんばって
います。そこには自分らしさはなにもありません。

自立とは「自分で立つ」ことです。

自分では立っていません。これがわかるで
しょうか?この子は、親や大人に合わせて
生きています。自立していません。


周りにとって良い子であろうとがんばっています。

つまり、周りに必死に自分を合わせています。
自分らしさを押し込めています。

ここに強いストレスが発生しています。

甘えるとかどうかではありません。

がんばり過ぎるのは、親に見離されて
しまわないようにするためです。

何か小さい頃にがんばった事で親が自分を
褒めて、認めてくれた体験をした。逆に、
がんばらなかったら認めてくれなかった。


それがトラウマのように心に残っている子が
がんばり過ぎるとも言われています。


親に認められるためにがんばっています。

そこがわかるようになると、接し方が変わると
思います。

ここで「がんばらなくていいよ。」と親が言うと
「ああ、私は見捨てられたんだ。」と勘違い
する子もいます。

そのままを認めてあげることが大切です。

これが家庭でできることです。

次に、学校でやるべきことは自分らしさを
表現させることをやります。自分らしさを
抑えつけていたので、解放してあげる。


それが解決のステップです。

変に甘えさせると、幼児返りになってしまう
不登校の子もたくさんいます。

おそらく、この子は大丈夫ですが、そういう
不登校の子もいます。

不登校は私たちが子育ての中で考えている
常識で対応しても、うまくはいきません。私が
それを一番よく知っています。失敗続きでした。

子どもは常に親を見ています。

その心理状態を知る事で、不登校の子への
対応方法がわかると思います。

子どもの今までの過去の行動パターンを
親に認められたい、という心理から分析して
みてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2204-416989a0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ