Entries

【不登校】高校にも行けず、ひきこもる息子を動かす母の言葉

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

息子は現在高校1年生になる年です。
どこも受験せず家にいます。

中1の3学期、学校に行かなくなり、中3は
一度も出席することはなく卒業式も出席せずに
卒業しました。

中3の2学期から、部屋から出てこなくなり、
昼夜逆転の生活。日中はゲーム三昧。
会話もありません。

友達から誘われると自分で遊びに行くことはあります。
家族との外食も行かなくなりました。

会話も無いのでほめることも難しい状況です。

******************終わり******************************

……

回答:

「不登校は怠け者だ」、「親の教育が悪い」
「自由に育て過ぎている」、と言われて
います。


しかし、それは誤解です。

家庭状況に関係なく不登校になるのです。

親の教育と不登校は関係がありません。

しかし、不登校になった後、家の中で
ひきこもり、昼夜逆転している事に関しては
家庭の問題です。

相談者のように高校に行かない不登校が
増えています。

このままどこにも在籍しなければ、人生が
どうなるのかは恐ろしくて、想像したくは
ありません。

私の学校にも1年遅れ、過年度で入学して
来る子が毎年います。

1人か2人ぐらいしかいません。

他の子達がどうしているのかわかりません。
未だに引きこもっている可能性があります。

だから、この子も過年度で1年遅れでも
高校1年生からやり直した方がいいです。
次の4月に向けて動いて下さい。

そのために家にひきこもり、昼夜逆転している
状態を解消しなくてはいけません。

その前に、不登校について少し話します。

では、なぜ不登校になったのでしょうか?

不登校になる共通した原因は、自分自身を
出せる、自分の意見を言える環境が学校に
なくなったことです。


不登校の子でクラス替えで、友達と離れて
学校へ行かなくなる子も多くいます。

友達がいなくても、クラスで自分らしさを
出せる、表現できる子はいいのですが、
大人しくて真面目な子は我慢して、周りに
合わせようとします。


自分らしさを出す訓練ができていないんです。

言い方を変えると、自分らしさが何かを
知らないのです。

なぜなら、思春期がやってきたことで、
自分らしさの感性がぬ~っと出現しました。
しかし、どうやって、その感性を出せば
いいかわかりません。

そこで戸惑い、迷ったまま、周りに合わせて
いたら、ストレスが蓄積したのです。

限界がやってきて、頭痛になり、不登校。

親は関係ないです。

しかし、ひきこもりになったのは、親を
避けるためです。自分の存在を否定された
気持ちになったので、逃げたのです。

人は「自分の事を理解してくれる人」の
話を聞こうとするのです。

家族の誰も、自分の事を理解しようとして
くれないからひきこもり、昼夜逆転してしまう
のです。

では、どうすればいいのでしょうか?

私は息子さんの場合は、お父さんの役割が
とても重要だと思っています。父親が恐い
から逃げている部分が大きいです。

だから、父と息子の関係が改善しないと
大きな変化は起きません。


自信が無いのは、父親から認められていない
からです。何かをやって認めることではなく、
存在自体を認められていないことです。

お母さんではないのです。

「でも、うちの旦那は無関心で…」

と言われる方もいるでしょう。

では、無関心の父親がいる家庭で息子さんを
どうやって動かせばいいのか?

そこでお母さんが代わりにやるのです。

『身代わり会話法』です。


「あのね、お父さんはああだけど、
実は、あなたのこと認めているのよ。

お母さんと2人の時は、あいつはすごい
奴だからな。社会に出たら出世するよ、
って言ってくれているからね。

あなたの可能性を信じてくれているのは、
お父さんだけだよ。

”俺は信じている、大丈夫だ”って、
お父さん言ってくれてたからね。」

・・・


こんな声掛けを、あなたが父親の代わりに
やってあげるのです。

これだけで効果抜群ですよ!

それでは、まずは子どもに自信を持たせる
ように、「身代わり会話法」をやってみて
ください。

家族を避ける状況が一番いけません。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2199-8022124c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ