Entries

【不登校】昼夜逆転で親を避ける娘をどうすればいいの?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

シングルマザーで高校2年生の1人娘です。
1年生の終わりから急に不登校になり、2年生に
進級した今、1日も登校できていません。

生活は昼夜逆転で、土日は特に夕飯の時間まで寝ています。

恐らく先生の言われるように、私との会話を避けている、
まさに親子関係に問題があるんだと思います。

そこで、できるだけ共感の会話法をとりいれたいと
思うのですが、とにかくだんまりで何も話してくれません。
仲の良かった部活の友達が何度も連絡してくれている
ようですが、沈黙を貫いています。

先日は友達が2人家にきて、手紙も置いていってくれていました。
娘に会えなかった為、その場でノートを破って書いてくれた手紙があり、
娘に会いたい、待ってるよ、1人で抱え込まないで、など必死に
呼びかけてくれていました。娘はその手紙すら見ようともしません。

どうすればよいのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

実は、この友達のアプローチが一番、
不登校の子にとっては辛いです。

善意でやってくれているのですが、これが
一番辛いのだと、直接、私は不登校の子達
から話を聞きました。

このお母さんには驚きかもしれません。

でも、事実です。不登校の心理状態を
知らないと、そう思ってしまうのは当然です。

「一人で抱え込まないでほしい。」

素晴らしい言葉です。思いやりのある
友達に囲まれて幸せです。

しかし、不登校の子はそう思いません。

「私も何がどうなって、不登校になって
いるのかわからないの。抱え込むって、
何も抱え込んでいない。わからないの。」

こういう思いを持っていた子もいました。

この子自身、何が起きているのかが
わかっていないはずです。

だから、どうすればいいのかわからない。

この感情、このことに共感してあげないと
いけないのです。

学校へ戻りたいけど、体が拒否して動かない
のです。でも、学校を休むのは悪いことだし、
お母さんに迷惑を掛けているのをわかって
います。

でも、自分の意志で休んでいるわけでもない。

だから、この気持ちをどこへ持って行けば
いいのかわからない。

そして、この気持ちは誰もわからないだろう。

こう考えています。

私が口酸っぱく共感の会話をするように話して
いるのは、この不登校の独特な感情を理解して
ほしいからです。

親へ迷惑を掛けていることがプレッシャーに
なって、親を避けようとしています。


このプレッシャーがある限り、不登校になり
続けます。だから、親子関係の改善がとても
大切になるのです。

しかし、共感の会話が上手くいかない人が
います。

不登校の子は繊細で敏感です。

普通の人が受けるプレッシャーも10倍以上に
感じてしまいます。だから、共感の会話が
出来ない子もいます。

そこで、共同作業法を提案しています。

言葉では伝えられなくても、一緒に行動する
作業することで心が通い始めます。

昼夜逆転している状態は、言い換えれば
親が恐い、あるいは、喧嘩のしすぎで、
親を恨んでいる状態です。


このままなら高校も留年が決まり、退学し、
家に引きこもってしまいます。

そうなると人生どうなるかわかりません。

では、どうすればいいのでしょうか?


共同作業法をやる前に1つやってほしい
ことがあります。

共感の会話の1つです。

ドア越しでもいいから、こう言ってあげて
みてください。

「あなたは、一人でよくがんばってるよ。
お母さんなら、毎日泣きわめいてる。
家を飛び出していると思うのね。だから、
あなたは強い子だよ。安心するんだよ。
お母さん、守ってあげるからね。」


5秒で終わります。

これを言えるかどうかです。

子どもはがんばっています。学校へは
行けていないけど、行こうと努力して
いるんですね。


それを理解している事を伝える。

これだけで大きく娘さんの態度が変わると
思います。実際、多くの方がこれと同じ
言葉を使って、変化がありました。

それから共同作業法をやってください。

共同作業法は簡単で何か一緒のことを
すればいいだけです。ゲームでも、スマホ
でも、テレビでもなんでもいいです。


一緒に何かをする時間を持つ事です。

それでは、今すぐ、ドア越しでも良いので
共感の声掛けをして下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2192-b2cecb9e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ