Entries

【不登校】中学1年生の女の子から相談が届きました。

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

私は今年入学した中学1年の女子です。

私はいじめられているだとか、勉強が出来ないなどの
理由はないのに学校が嫌で嫌でたまらなくて学校へ
行くことが出来ません。

中学生になれば新しい気持ちで楽しく行けると思ったのに
結局休みっぱなしの状態です。

やっぱり特に理由は無いのに毎朝怠くて学校の事を
考えると頭が痛くなります。自分の生きている意味が
わからなくなって死にたいと思う事もよくあります。


でも1度きりの中学校生活だし、高校にも行きたいし、
楽しみたいです。楽に学校に行ける方法はありませんか?

ちなみにクラスには仲のいい子はいないし、私はかなりの
人見知りで自分から話かけるなどはできません。

もう人と会うのも怖いです。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の本人からメールが届きました。

本当に勇気を出して書いてくれました。
ありがとうございます。そして、あなたは、
この子の書いてくれた文章を目を開いて
読んで欲しいのです。

不登校の子ども自身の本音です。

結論を言うと「何もわからない。」
ということなんです。


あなたが子どもに「どうして?」「なぜ?」
と聞いても、子供は何も答える事ができない
ということです。

この子も、自分ではわからないのです。

これ以上説明のしようがないのです。
この不登校の子の辛さをわかってあげて
ください。

中学になったら全てが変わると思ったけど
再び行けなくなりました。

とても苦しいと思います。

でも、この子はそれに耐えることができて
います。忍耐強い子です。自分では気が
付いていないかもしれません。

自分が学校へ行けなくて親に迷惑を
掛けている事も、とても辛いんです。


真面目で良い子ですよね。

あなたのお子さんも同じような苦しみを
持っていると思います。

これが不登校です。

では、ここからこの子にアドバイスします。

あなた不登校になったのは、あなたも
自覚している部分があると思うんだけど、
周りに合わせ過ぎて、自分を我慢して
抑えつけているからなんです。


人に合わせるのは良いことだし、何も悪い
ことはないんですよ。


でも、人には持って生れた才能があります。

例えば、あなたも知っているように生まれつき
足が早い人、暗記が早い人、ゆっくり話す人、
気配りができる人などがいますよね。

それもすべて才能です。

顔がみんな違うように、才能も違います。
それは分かったと思います。

でも、才能がどれだけあっても、その才能を
生かすことができないと苦しいですよね。
サッカーの才能がある人が、例えば柔道部に
入れられたら、才能を生かしていません。

だんだんと自分が苦しくなります。

どうやっても柔道が好きになれないし、
上手くもなりません。

では、この人が苦しまないためには
どうしたらいいですか?


簡単ですよね。

サッカー部に入れば良いですよね。

「でも、自分の才能って何?」と思うのは、
不思議なことではありません。


あなたが苦しんでいる一番の理由は
自分の才能が何なのか分からない事
なんですね。


わからないから、周りに合わせるしか方法が
ない状態です。それで苦しい。

少し大きな話をするけど、人生を生きるって
自分の才能を見つけて、その才能を生かす旅
みたいなものです。だから、あなたは大人の
第一歩を踏み出しているんですね。

「でも、私は人が恐いし…」

と、思っているとはずです。

その気持ちはすごくよく分かります。

強気にならないと、人が恐いんですね。
強気になる方法を教えます。

これはすごく簡単です。

小さく声に出して「強気!強気!」って
言葉に出してみてください。それだけで
少しずつ気持ちが強くなっていきます。

不安になったり、恐くなった時に心に
従うのではなくて、「強気!」って言葉を
言って打ち消す。

そうやっていくと心も強くなります。

根本の問題は、あなたが自分自身を
表現する活動、場所がないことなんです。


例えば、絵が好きな子は美術部に入って
絵を描いていると満足ですよね。楽しいと
感じますよね。

これと同じで、素の自分が出せる活動を
学校でやれるようにしないといけないです。
おそらく、今の学校の活動の中にはそれが
ないんだと思います。

周りに合わせる必要のない活動機会を
作って、自分を出す練習をしましょう。


それで、ここからが大切です。

理屈はわかったけど、実際問題としてどうして
いくかです。

一つは、お母さんと、私が話した内容を
話し合う事です。もう一つは、担任の先生と
話し合う事です。その中であなたがやりたい
ことを作ってもらうことです。

簡単じゃないのはわかっているけど、最後は
これをやらないといけないよ。

まずは「強気!」って言って過ごしてみて
ください。それだけでも今までと違って
気持ちが強くなります。やってみてくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2188-7e7e81f8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ