Entries

【不登校】新学年になって通い出した子が、また休み始めた…

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学3年の男子です。

2年の2学期から全く登校できませんでしたが、
3年のクラス替えと高校に進学したいという気持ちで
学校に行き始めました。

だんだんとしんどくなって来たのか吐き気がする。と
言い始めて行ったり休んだりしています。本人は
これ以上休めない、学校に行かないと。と凄く思ってる様です。
けど、からだが拒否をする。

私はどのように声かけをしてあげればいいでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

不登校になって、新学年になり始業式から
学校へ戻れた。しかし、また、休み始めている
子どもたちがいます。


新しい学年、新しいクラスでやり直そうと
意気揚々と学校へ向かいました。

しかし、再び行けなくなる。

不登校は原因が明確にあります。それを
解決しないままだと、何度も不登校を
繰り返してしまいます。


学校へ戻しただけでは解決ではないです。

このことをわかってほしいと思います。

学校へ一瞬ですが戻れたのは、子ども自身が
我慢して、がんばったからです。何か大きく
変わったわけではありません。

クラスが変わっても、そんなに学校の環境が
変わるわけではありません。


だから、どうしても不登校に対応する教育が
必要になります。今回の再不登校で理解して
もらえたと思います。

どれだけ子どもに声を掛けても、子ども自身は
がんばっています。

これ以上がんばれないんですね。

折角がんばって登校したのに、再び行けなく
なると、自信が無くなります。次の登校が
難しくなります。

だから、しっかりと対応して行きましょう。

なぜ、身体が拒否するのか?

不登校の原因を知ることが最初です。
私の小冊子とメルマガを読んでおいて下さい。

その上で、身体が拒否するのは、具体的には
脳が嫌がっているからです。脳が拒否するのは
ストレスを受けたくないからです。

ストレスとは、学校が自分に合わない、でも、
合わせないといけない、このジレンマです。


不登校とは学校と合わない状態です。

合わせようにも合わせられない、心の問題
ではありません。

例えば、あなたが演歌が苦手だとします。
それで、毎日演歌のコンサートのスタッフ
として働いている状態を考えて下さい。

それで、どうしても身体が動かなくなった。

心の問題ですか?

違いますよね、心は普通です。そうでは
なくて、合わない環境に合わせようと
したから苦しくなっているだけです。

では、どうすればいいのでしょうか?


演歌の場合は難しいでしょうが、学校の
場合は、学校の活動を子どもに合わせ
られます。

学校か、子どもか、どちらかが合わせないと
いけません。

今までは子どもの方から学校へ合わせ
ようとして、上手くいかなかった。次は
学校側が合わせる方です。


それをやらないと不登校は解決できません。

どうやって合わせるかは、メルマガでも
これから詳しく話していきます。

まずは不登校小冊子を読んで下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2187-e69f9bbd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ