Entries

【不登校】「共感の会話法」の悩みに答えました。

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学3年になった娘は新学期、行けませんでしたが、
春休み中で生活リズムが戻り、出来ることが増えてきました。

私との会話でも最近は無視はなくなり、料理中に気持ちを
話してくれることが増えました。以前は学校は行かないし、
高校も行かなくてよい、と言ってましたが今日別室登校の
話をしたら今までは無理…と言ってましたが、うん、と
返事してくれました。

今はエネルギーが出てきた様子に私も嬉しい気持ちです。

不登校になって2ヶ月、少しずつ前を向いている娘に高校進学も
叶えられると信じて、焦らせず一緒に歩んでいきたいと思いました。

******************終わり******************************

……

回答:

親を無視したり、反発する不登校の子が
います。どうにかしたいという相談が私には
たくさん届きます。


メルマガなどで、いつも共感の会話法が
解決する1つの方法だと話しています。

しかし、どれだけ私の話を聞いても共感の
会話法をやらない人がいます。やるか
どうかは、その方の自由です。

でも、多くの方は共感の会話をやってから
親子関係が改善しています。


だから、一度はチャレンジされると良いです。

「私は学校を休んでいる子どもを心から
褒めたり、認めてりする事ができません。」


という、悩みを持っている方もあります。

その気持ちはすごくよく分かります。

私は100%子どもの状態を認める必要は
ないと思っています。親が学校へ子どもを
行かせたいと思うのは当然の事です。


それが無くなれば、親として問題です。

これは「共感」と「同情」の違いを理解して
いないからです。共感とは、子どもの意見を
わかる、気持ちをわかることです。


同情は子どもの気持ちと同じになる事です。

一緒に落ち込み、一緒に暗くなるのは同情です。

同情する必要はないです。親自身は子どもに
学校へ行って欲しいと思いながら、子どもの
気持ちは理解する。これが共感です。

認めるとかではないです。

だから、テンプレート通りにやって下さい。

「そうだよね、わかるよ。」

このフレーズを大切に、枕詞(まくらことば)
として、子どもと会話してください。

もう一つ、共感の会話法で質問が多いのが
お母さんからです。

お母さんと息子さんのケースです。

「私は息子に共感の会話をやっていますが
反発がおさまりません。」


男の子の場合、思春期ということもあって
不登校に限らず誰でも母親に反発して
しまいます。

だから、共感の会話が上手くいかないと
感じる事があります。

実は、この失敗の多くは、お母さんが
息子さんを子ども扱いしている事が原因
だったりします。


思春期は母親からの自立の時期です。

それを母親が自分を子ども扱いしようと
しながら、共感の会話をやると反発が
強くなるのです。

お母さん自身の立ち位置の問題です。

だから、中学生以上の息子さんに関しては、
一人の大人のつもりで会話してください。

それともう1つ。

息子さんの場合、重要になるのは「父親」
のほうです。父親との関係が悪いと、
お母さんがどれだけやっても改善しません。


だから、なるべくお父さんが関わるように
してみてくださいね。

今回の相談者の方もお父さんが出て来て
いません。思春期の息子は父親が一番の
存在です。そこをわからないと子育ても
出来ないと思いますよ。

夫婦でしっかり話し合う所からやってください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2185-7f31475c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ