Entries

【不登校】子どもが誰にも相談せず、悩みを抱え込む理由

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中高一貫校の高校一年生の男の子です。
中3の3学期から学校に行けてないです。

真面目で完璧主義のような言動があります。
自信がありそうな言動もしますが、自信もなく、
人目が気になります。

昨年秋ころより、人と接するのが苦痛といいはじめて
いました。ひきこもりたいと。

それと同時に自分でもなにかわからないストレスを
かかえていると言いますが、一人でかかえこんでしまい、
誰にも相談しようとしません。

思春期で悩むのも大事と思いながらも、学校行かない状況で
閉じこもり一人で深く悩みすぎるのも心配です。

入学式当日は身体に症状が出ていけませんでした。
行こうと思うと辛いから、もうやめることに決めたと
言っております。

学校には過度なストレスがあるのはわかっていますので、
行っても心配、行かなくても心配です。このままやめるという
選択をするかも知れません。本人も、重大なことと認識していて
悩んでいます。まだ迷いはあると思います。

高卒認定を受け大学受験とか、他の選択肢も見せています。
来年高校受験もできると思います。

よろしくお願いいたします。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子どもの悩み、心の中を話して
みたいと思います。

「誰にも相談できない。」

この事を、多くの親御さんは、子ども一人で
問題を抱えているように感じています。

しかし、実際はそうではありません。

子ども自身も自分がどうして不登校になって
いるのかがわかっていないのです。だから、
相談しようにも相談できないのです。


わからないのに学校を休んでいる、と言ったら
怒られてしまうかもしれない恐怖心があります。

これが不登校の問題を難解にしている理由です。

不登校の子は自分でもよくわからないまま
学校を休んでいます。学校へ行かないと
いけないのもわかっている。それでも、体が
学校を拒否しているのです。


何か本人が悩んで考えて学校へ行かないと
勘違いしている親御さんもいます。

考えるも何もありません。

訳が分からず戸惑っているのが不登校の
現実なのです。考えているわけではない
のです。


だから、待っていても何も動かず、長引く
だけになっています。


本来は自分自身は親の求める勉強をして
真面目で良い子でありたい。でも、今は
学校も行かず、勉強もしないダメな子。

その事実、現実から逃げるには現実逃避
するしかないです。ひきこもるしかない。

手段がないのだから、そうするしかないです。

不登校の子の心理状態がわかってきましたか?

あなた自身が想像しているよりも、苦しく、
先の見えない状態に追い込まれています。

・不登校の原因がわからない
・親に顔向けできない
・嫌な現実を打破するには、逃げるしかない


このような心理状態を理解する事から対応が
スタートすると思っています。

そして、最初にやるのは親への恐怖心を
極限まで下げてあげる事です。

子どもというのは、すべて親に依存して
います。親にどう思われるかで反応して
います。


子育ての基本だと思います。

これを理解していない親御さんは、子どもが
何か凄い事を考えて、自分の意志で全てを
行動していると勘違いしています。

多くの子は親の意思に沿うようにしか行動を
していません。

この事が分かると、子どもの心理を深く理解
して、対応して行けるのです。

特に、高校の不登校の子の場合、時間が
ほとんどありません。留年が決まる前には
転校しないといけません。

全日制へ転校するにも、通信制へ転校する
にも、再度1年生からやり直すのも、本人の
意志よりも親の意志が重要です。

すべて子どもの意志に任せれば、現実逃避
する選択肢へ進む傾向が強いです。


それで将来、本当に大丈夫かということです。

学校以上に、社会は厳しいです。

学校の世界では「不登校」ですが、社会に
出たら「うつ・休職・退職」と言われる人たちが
不登校の何倍もいます。

私は学校を運営しているので、建物を管理
するのに建設会社さん、あるいは銀行さん、
証券会社さん、旅行会社さんなどと定期的に
お会いしています。

この方たちの会社でも不登校と同じような
状態の大人がたくさんいると聞いています。

中学や高校で不登校でない人が社会に
出ると、同じようになるのです。社会の方が
厳しいのは当然です。


だから、今、不登校の子は社会に出たら
ひとたまりもありません。


そんなことは不登校の子本人はわからない
話です。親御さんがしっかりと判断して、
教育環境を与えるべきです。

すべては不登校の心理を理解する事から
はじまります。

それをベースに、共感の会話や教室復帰の
アプローチができると思っています。そして、
不登校の原因を理解する事も大切です。

不登校小冊子、メルマガなども参考にして
みてくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2183-984b28cb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ