Entries

【不登校】家で勉強をしようとしないのは、なぜ?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

現在、中1年。今度中2年に。

小6年の11月から不登校です。
おとなしくて真面目、礼儀正しい子です。
男の子です。

昨年、9月と10月に部活だけ行ったのですが
、11月から全く行かなくなりました。

最近、コンビニに出掛けたり、友だちの家に行く事が
できるようになってきました。せめて家で勉強だけでもと思い、
例え5分でもと言うと、ものすごく怒ります。

思春期外来の先生に相談したら、今はその時期ではないと
言われました。漠然と中学は無理だけど、大学は行きたい、
と言います。なんとか、勉強させることはできないでしょうか?

それとも、本人がその気になるまで待ったほうが良いのでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

「不登校の子どもから動くのを待った方が
いいのか?」


多くの親御さんは、不登校の子どもに何を
やっても動かないから、最後は待つという
対応をしようとします。


正しい行動のように思われますが、私は
間違っていると思っています。

それは私の考えではなく、多くの不登校の
子どもたちを見てきて、実際のデータとして
待つ事で失敗している人がたくさんいます。

例えば、1年待ったとします。

1年勉強が遅れます。友達関係も疎遠に
なります。これだけでも大きなことです。


さらに、自信もどんどんなくなります。

この子は威勢の良い事を言っています。
言わないとやっていられないからです。
その理由も後で話します。

1年遅れて、学校へ戻れば、どうなるか?

そうすると、学校ではずっと授業が続きます。
遅れた分は自分で勉強しないといけないです。
2倍勉強しないといけません。


そんなことができると思いますか?

最近だと、中学出席0日で、高校へ入学したl子。
cat(キャット)も知らなかった子を同志社大学、
明治大学へ現役合格させたことがあります。

とても大変でした。

勉強だけ教えればいいのではありません。

精神不安定状態を安定させる教育もしながら
勉強を追いつかせ、難関大学へ入れるのです。

だから、休みが無くなれば、なるだけ、勉強も
何倍も必要で、心を強くする教育も必要です。
そんな簡単な事ではありません。

そして、休みが長いほど高校進学もしません。

良い事があるのか?と聞かれても、私は、
ないと思っています。

だから、待っていても何も解決できないのです。

なぜ、子どもは威勢がいいのか?

理由は簡単です。

子どもとは親に見離されたら生きていけない
ものです。不登校で学校へ行けないダメな子
だと、自分で思っています。親に見離される
危険性、可能性があるわけです。


だから、自分はダメなんじゃない!と主張したい
から、大学なら行けるって言っているんですね。

でも、勉強の話になると、急に反抗期の
特徴が出てきます。

不登校の子に家で勉強させるの事に成功して
いる人はほぼいないと思います。逆効果のほうが
大きいです。

それよりも学校へ戻す事に力を注いだ方が
いいです。


思春期外来の先生のアドバイスが正しいです。

勉強は学校に戻ってからしかできないでしょう。

勉強の話をしてしまうと、それは親が無理に
学校へ戻そうとしている、と子どもは感じて
嫌がってしまいます。

不登校の子の不安を理解していないのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

何よりも学校へ戻すのが最優先です。それには
共感の会話や、共同作業法などが必要です。

親子関係を良好に保つ事で、子どもは自信を
持てるようになります。

そこで登校刺激会話法を使っていきます。

自身の無い子は別室登校からスタートします。

そうやって、順番にやってみてください。

不登校解決にはステップがあるので、それを
守る事が大切です。勉強だってステップです。
4つも5つも先のステップの勉強をやったから
うまくいかないのです。

しっかり、私のメルマガなどで学んで下さいね。
大丈夫ですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2174-9b87e45f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ