Entries

【不登校】子どもが次々に学校へ戻った「登校刺激会話法」とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

共感の会話法を実践して中1息子が
みるみる変わってきました。

明るく笑顔も戻ってきました。ありがとうございます。

登校刺激してもよい返事ができないのは、父親と
話したりがうまくできないからでしょうか?

お父さんもどう話したり、誉めたりが分からず今は
週末トランプを家族でやっています。主人は先生の言
われている事が今ひとつ理解できてないのですが、
登校刺激しても大丈夫なのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

共感の会話でうまくいったんですね。

よかったです。

みなさん、共感の会話と共同作業法で
親子関係が改善しています。子どもに
笑顔が戻ってきています。


暗い雰囲気の家庭内では、子どもは
学校へ戻ろうとはしません。


不登校が理解できなくとも、家族が一緒に
明るくいることは大切です。そのために
お父さんもがんばっています。

家族でトランプするのはとても効果的です。

あなたの家庭でやってみるといいですよ。

今回の質問は、親子関係が改善したから、
次は登校刺激をしたい。でも、うまくやる
方法がわからないということです。

学校へ戻れるかどうかは、不登校の子が
持っている不安の量が減らす事が出来て
いるかどうかです。

不安が多いままだと学校へ戻れません。
このまま中学卒業まで不登校です。


ここで不安の特定して、減らす事ができれば
学校へ戻って、再び元気に明るく過ごして
くれるようになります。

なぜ、学校へ戻ろうとしないのか?

最初に、共感の会話法の目的について
話しておく必要があります。

不登校の子は不安、ストレスを抱えている
から、学校へ戻ることができません。その
半分のストレスは親のプレッシャーです。


親が恐い、親への罪悪感、迷惑、という
気持ちが負担になっています。

だから、共感の会話法で親子関係を改善
すると、不安の半分が消えていきます。
笑顔が戻ったのも、そういう理由です。

今、半分の不安が消えた状態です。

しかし、半分の不安が残っています。

それが何かです。

そして、その不安を乗り越えるための方法が
必要になります。

登校刺激するには、自信51%、不安49%に
ならないといけません。半分より多い自信が
あるので、学校へ行こうと思えるわけです。

家での不安は親しかありません。

だから、親の不安を消すのがやれることです。

次に大きい不安が友達への不安です。
学校の友達からどう思われているかが
とても恐いのです。


その不安が大きくあります。

そして、不安を超える自信を持てれば、
学校へ戻ろうとするわけです。

つまり、友達への不安を減らすか、自信を
持たせるかのどちらかをやらなければ
いけないわけです。

それが登校刺激そのものでもあります。

まずは友達への不安を減らす方法は、
別室登校です。私がしつこく別室登校を
すすめているのは、この不安を減らすため
なのです。


これは、後で、また話します。

次に自信を持たせる方法についてです。

男の子の場合、父親との関係が自信と
すごく関係しています。

父親から認められる事で、息子さんは
自信を持てるようになります。私がたくさん
子どもを見てきて、自信のない男の子は
父親との関係が上手くいっていません。

あるいは、父親が寡黙で話さないタイプ。

父親が認めてくれれば息子さんは自信を
持てるようになります。


では、自信を持たせ、不安を減らすには
どうしたらいいのでしょうか?


父親に認めてもらう方法は簡単です。

これは多くの不登校克服のご家庭で
やっていただいて、効果のあった方法です。

それは、父親本人ではなく、お母さんが
父親の想いを代弁する方法です。

「身代わり会話法」と言います。


父親から直接、息子さんに認めていることを
口では言えない場合が多いです。

そこで、お母さんが代わりに言うのです。

「あのね、お父さんね、いつも、あなたの
ことを気にしてくれているんだよ。それで、
”あいつはすごい奴だからな。努力家だよ”
って、お母さんには言ってくれているの。」


こうやって、父親ではなく、お母さんが
代わりに自己重要感を高めるのです。

そうすれば自信が持てるようになります。

やってみるといいですよ。

次に、友達への不安を減らす方法が、
別室登校です。

子どもの多くは別室登校を親や先生に
言われるまで知りません。教室へ最初から
戻らないといけないと思っています。

この負担はとても大きいです。

戻れる子もいますが、少ないです。

そこで別室登校というのがある事実を伝えて
あげることが大切です。アイデアとして教えて
あげればいいです。

最後に、どうやって子どもに登校刺激をすれば
いいのかを話します。


私が今まで「成長の会話法」と言っていた
内容があります。メルマガでも話していました。
名前を改めて「登校刺激会話法」にします。

この会話法そのものが登校刺激だからです。

登校刺激という言葉が私はあまり好きでは
ありません。刺激って痛い感じがします。
無理に子どもの背中を突っついているような
イメージがあるからです。

それで成長の会話法って名称にしていました。

でも、なかなか伝わらないので、これからは
「成長の会話法=登校刺激会話法」にします。

私の登校刺激の方法は、あくまでも子ども
自身に答えを出させる方法です。

子ども自身が行こう!と思えるように誘導、
導いてあげる会話法です。刺激なのかと
言われれば、遠回りの刺激です。優しい
刺激だと思います。

「どうした学校へ戻れると思う?」

って、普通に聞けばいいんですね。

「学校に行く?」とか、yes、no式の質問を
するからいけないのです。子どもが応える
余地を与えてあげてほしいのです。

子どもを一人の大人として扱う、そして、
判断を聞くのです。まさに成長の会話です。

これをやると子どもの脳がクルクル動いて、
学校へ戻る為の方法を考えるようになる。
そこで、別室登校のアイデアを伝えておくと、
別室登校が一番不安が少なくないと気づく。


こうやって学校へ戻る道筋を付けて行くのです。

色々と話しましたが、1つずつやってみると
いいですよ。

「身代わり会話法」と「登校刺激会話法」を
それぞれやってみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2167-e2609a8c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ