Entries

【不登校】「学校へ行く」と言っても、翌朝起きない息子の対処法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学2年の息子のことでご相談させてください。
私立の中高一貫校です。

明るく正義感が強く、クラスでは中心核、熱血タイプです。
部活をさぼる、だらしない、汚い(食べ方や身なり)生徒には
人一倍嫌悪感を示し、相手が傷つくような言葉で注意してしまう
ことも多々あり、その言い方に関して先生から注意されていたようです。

でも息子は「どうして自分がおこられなきゃいけないのか。
誰も言わないから俺が言ってやってるのに。」と先生にも
物怖じせず反論するようです。

そんな息子が2学期の始業日から突然学校へ行かなくなりました。
夫も私も、無理やり学校へ行かそうとしました。理由を聞き出そうと
していました。その後はご想像の通り、口をきかない、昼夜逆転生活、
プチ家出、自殺をほのめかしたこともありました。

私はスクールカウンセラーや担任と何度も話し合いましたが、
解決の糸口は全く見つかりませんでした。

最低限の言葉がけと、食べてくれなくても食事は必ずつくること、
それから共同作業ですね。夫が一緒に問題を解いてみたり、
息子がわからないところを教えたりしています。私は料理を。
息子がスマホでレシピを探し、その手順で料理します。

そんなことを続けていると普通に会話ができたり、家族で
出かけたりするようにもなり、「明日学校行く」と言い出すように
なりました。

しかし、実際朝が来ると起きられません。

「学校行く」でも朝起きられない。

私に足りないものは何でしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

このお母さん、お父さんは素晴らしいです。

しっかりと共感の会話、共同作業法をやって
親子関係を改善してくれました。

もし、今、親子関係で子どもが反発する
ご家庭では、この相談者の方のように、
共感の会話法、共同作業をやってみて
ください。


しかし、次の一歩が進まないです。

ここがこの子の問題です。

後からも話しますが、ステップが1つ早く
進み過ぎています。1段抜かしです。
ここをこらえられるかどうかです。

このまま同じ事を繰り返していると、
親の声掛けがプレッシャーに感じてしまい
良い親子関係が崩れていきます。


そして、また、部屋に逃げ込んで出られない。

最初よりも悪化してしまいます。

何が問題なのかを正確に掴んで、対応して
みてくださいね。

では、何が問題なのか?

私は「不登校の7つのステージ」について
メルマガで話しています。


この7つのステージで私が大切にしている
のが、3つあります。

1つ目は、親子関係が改善する事。

2つ目は、規則正しい生活リズム。

3つ目は、教室復帰への壁を無くす事。

・・・


相談をくれたお母さんは1つ目を完璧に
してくれました。

しかし、2つ目の規則正しい生活リズムを
飛ばして、学校へ戻そうとしています。


学校へ戻れる不登校家庭の共通点は、
学校へ行けなくとも朝起きる状態を
作っている事です。

お母さんは、朝起きて学校へ戻そうと
焦ってしまっています。早すぎるのです。


このステップを2つに分けて下さい。

まずは、学校へ行かなくても朝起きるように
してあげることです。

朝起きるリズムがついたら、次が学校です。

1つステップが早いんです。

この事は、脳神経科学のセオリーに従って
いることでもあります。脳が正常に働くため
には、朝起きる習慣が大切です。


その事で、脳に活力がでてきます。

具体的には脳の元気ホルモンがきちんと
分泌されるので、やる気が出てくる。
規則正しい生活リズムは精神を正常にして
くれます。

そこで勢いが出てくるから、学校へ戻る
気持ちや勇気も出てくるのです。

私は脳神経科学の専門家のエキスパートの
先生からも情報を得ています。

単なる教育学だけを知っているだけではない
です。いつも勉強して、最新の情報を手に入れて
います。精神科医の先生からもです。

わざわざ1つステップを置いているのは、
そういうことなんですね。

親子関係の改善⇒規則正しい生活リズム
⇒学校へ行く気持ちを高める⇒別室登校、
この流れをしっかり理解してください。


もう1つあるのは、真面目に愚直に行動して
いた息子さんが、今度は自分が学校を
休んでしまいました。


自分がやってきた事、言ってきた事と、
違う事を今やっています。

この点を正当化、許してあげなければ
いけません。整理してあげる必要が
ありますよね。

「人は完璧じゃないって学べたね。」


そういうことを共感の会話法を使って、
お母さん、お父さんが自分の失敗談を
話してあげる事です。

そうしないと、恥ずかしくてクラブの子たちと
合わせる顔がありません。

そして、クラブの先生との話し合いも必要。

そういう下準備を学校へ戻る為にはしておく
ことです。

では、これからどうすればいいのでしょうか?

まずは、朝起きても学校へ行かなくても良い
安心を与えてあげる事です。

休む許可を与えてあげて下さい。


子どもは朝起きたら、学校へ行かないと
いけない恐怖心があります。だから、夜に
言ったけど、朝に起きられないのです。


まずは規則正しい生活リズムを作る事。
それが先です。学校はまだです。

その準備が出来ていません。

「朝起きても、学校へ行かなくてもいいよ。
まだ、それは早いからね。一緒にやって
いこうね。」


こう話してあげるといいですよ。

ステップを飛ばさず、1つずつ階段をあがって
くださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2158-2eeb5bb3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ