Entries

【不登校】保健室登校から教室へ戻す方法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

小学三年生の女の子です。

冬休み明けから1、2月は五月雨登校になりました。

初めは怒ったりなだめたり手をあげてしまったりしながら、
週に2.3回は登校していました。スクールカウンセラーや
教育委員会の相談員に相談しました。

相談員さんに心がしんどくて休んでいるのでズル休み
じゃないよと言われてから、2週間以上休んでいます。

小さい頃から感受性が強く先生の仰る通り、思春期に入って
この様な形になったのだと思います。もうすぐ春休みですが、
本人は3年の残りは無理と言います。休みすぎて皆の目が
気になるようです。

保健室なら行けそうと言いますが、保健室は1.2時間ぐらいしか
いれないようです。それ以上は相談室にと言われています。

相談室は特別な子が行く場所と思っているようで嫌みたいです。
相談室でも一人になれるなら行っても良いともいいますが、
校内で一人きりになれる場所はないと思います。

春休みまで後少しですが、保険室の1時間でも行かせた方が良いでしょうか?

春休みはどのように登校刺激をしたらよいでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

学校によって、保健室や相談室の使い方、
時間など、それは違います。


この学校のように、保健室は2時間程度、
それ以外は相談室じゃないといけない。
そういう決まりがあるようです。

これも仕方ありません。

なぜなら、不登校の子がたくさんいるから、
保健室を許したら、本当に風邪や病気で
休みたい子の場所がなくなります。

以前、ある中学校で保健室が不登校の子
たちの溜まり場になって、ベッドを減らして
机を並べているところもありました。


しかし、不登校の子は繊細で人の目をすごく
気にします。

相談室=不登校の行く場所、だという認識が
学校全体で持たれるようになったので、
相談室には行きたくないと言う子もいます。

一方で、相談室を隠し部屋のようにしている
学校もあります。

誰にも知られない教室です。

そうしてしまうと、クラスメイトが相談室へ
行けないのです。隠している部屋だから
先生が生徒に教えられない。

教室と相談室の間に大きな壁が出来て
しまいます。


どちらにしても、難しいです。

完璧はないと思います。

このまま保健室登校を続けても、どこかで
飽きて、先が見えなくなって登校しなくなって
しまいます。不登校に逆戻りです。


こうなると、失敗体験が加わってしまうので、
次への登校の気持ちが出なくなります。


ここで一気に教室へ戻す手立てが必要に
なります。

私はそれほど難しくないと思っています。

何が壁となっているのか?


これは娘さん自身が言われていますが、
クラスメイトの目です。

友達への不安があります。


休んでいる自分に対して、クラスメイトが
どう思っているのかが不安なのです。


もっと言えば、自分は馬鹿にされていると
思っているのです。そんな自分がクラスへ
戻っても、相手にされない。

この不安を解消しなければ戻れません。

では、どうすればいいのでしょうか?

保健室登校の2時間でクラスメイトとの
距離を縮めていくしかありません。

これはメルマガで「別室登校の7ステップ」
について話しているので参考にして下さい。


2時間あれば、2回はクラスメイトと接触する
ことができます。それを3、4回続ければ、
次は給食、得意な授業への参加をしていく
ことができます。

最初は1人の子、次の日はもう1人と、
クラスの面倒見のいい子を保健室へ
行かせます。


そうやって、友達の不安を無くさせる。

この方法で、日本全国の子ども達がクラスへ
戻れています。いい報告がどんどん届いて
いますよ。

ぜひやってみてください。

だから、子どもの不安はクラスメイトからの
視線です。春休みにそれを家で解消する
ことは何も出来ません。

親子関係を良い状態に保つことだけをして
いればいいと思います。変に、学校の話を
ずっとしたりしない方がいいです。


むしろ、学校の先生と話をして、保健室から
教室へ戻すステップを相談する事です。

先生との相談が大切だと思いますよ。

やってみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2156-29f39e69

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ