Entries

【不登校】適応教室に通う娘を学校へ戻す会話法とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

現在中2の娘は中1の11月から、不登校になりました。

今考えると勉強、部活、友人関係など、ストレスがたまり
動けなくなったんだとおもいます。

初めの頃はうなされたり、泣いたり不安定になりましたが、
中2の夏から家庭教師の先生と勉強し、以前よりずっと、
明るく前向きになりました。

今年に入り、適応教室にも行けるようになりました。

学校に行かなければならないのは、わかっている。とも
学校の話を一切拒否していた娘ですが、そんな話も
出来るようになりました。

担任の先生とは一度も会うことが出来ていません。

4月から三年生、親として、娘をどのようにサポートすれば
良いでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

不安定な状態だった娘さんを適応教室まで
戻す事ができたのは、お母さんのがんばり
だと思います。素晴らしいです。


家から出られるようになったことは、とても
大きな一歩です。

ここから学校へ戻る為の方法を話します。

私の学校に高校から入学してきた子で、
こういう子がいました。今は公務員をやって
くれています。

中学生で不登校になってから、学校へは
戻れず、ずっと適応教室に通っていました。
その教室の先生が、大変よく面倒をみてくれて、
友達も出来て、適応教室に通い続けた。

その子は田舎の子で、1学年1クラスの学校
だったので、戻りにくかったと話していました。
中学卒業まで適応教室にいました。

そういう子もいます。

もしかしたら、このまま学校へは戻れずに
今の適応教室に通い続けることもあります。

この適応教室が合わなくなれば、再び、
不登校に逆戻りです。


だから、適応教室に行かせたら、そこへ
通わせ続けるか、学校へ戻すようにするか、
どちらかしかありません。

なぜなら、ここで再び家に戻ってしまうと、
これは失敗体験になるわけです。

「もう戻れないかもしれない。
自分は何をやってもダメな人間。」


そのように考えてしまう可能性があります。

だから、このお母さんが言われるように、
学校へ向けて進ませる事が大切だと
思いますよ。

では、どうすれば前進できるのか?

多くの方が失敗するのは、無理に学校へ
行かせようとする事です。

これは親の意思がどうかではなく、子どもの
方がどう感じるかです。

子ども自身が学校へ向かおうとする気持ちを
私たちが引き出す。それが私たちが今やる
べきことです。強引にやっても動きません。

そこで私がお勧めしている会話法があります。

『成長の会話法』です。

この会話法を使う事で、子ども自身から
考えて行動してくれるようになります。
もちろん、親のサポートは必要です。

メルマガでもお伝えしている方法ですが、
とても効果的です。

簡単に方法を説明すると、子どもにこれから
どうするのかを尋ねるということです。

「あなたは、これからどうすればいいと思う?」

「どうやったら、学校へ戻れると思うかな?」


「もし、明日から学校へ行けるとしたら、
あなた、学校のどの場所なら、一番不安が
少ないと思う?」


こういう会話をしていくことで、親が学校へ
無理に行かせようとすることを防ぎます。
子どもの反発が少なくなります。

この会話なら、子どもが自分でどうするかを
決めなくてはいけません。

そうすることで、子どもも逃げられなくなります。

決断する事で、人は動きます。その状況を
どうやって作ってあげるかが家庭内での
会話で大切です。


それを作り出すのが「成長の会話法」です。

言っておかないといけないのは、この会話法は
共感の会話ができて、親子関係が良好になって、
次へ進む段階でやるべき会話法です。

間違っても、共感の会話ができていない
段階では使わないで下さい。逆効果です。

しっかりと順番を守って下さい。

それで、アイデアとして別室登校とか、クラブ
活動から行く方法もあるとは教えてあげる
べきです。


最初から教室へ戻るのは壁が高すぎます。

それでも最終的には子ども自身に答えを
出させた方が良いです。

でも、待っていても子どもは答えは出しません。

こちらから成長の会話法を使って、促して、
刺激してあげて下さいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2155-81e426b2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ