Entries

【不登校】友達が少ない息子を明るくさせた母の愛の言葉

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

小4の息子は1月中旬くらいから何かと理由をつけ休むことが多くなり
風邪で休んで治っても登校出来ない状況が一週間以上続いています。

そこで先生のお話を聞いて感銘を受けました。
性格は学校ではおとなしく、自分から話しかけることはないです。
家では明るいですが、最近些細な事でも怒るようになりました。

毎日学校の先生から電話あり、謝るばかりでどうしたら学校へ
行ってくれるか悩んでいます。子供にどうして学校が嫌なのか
聞いてもはっきり理由がわからず、しいて言えばクラスに仲のいい
友達がいないみたいです。

先生のお話に親子で同じ時間を共有するといいとありますが、
息子と2人きりの時間をたくさん持てばいいですか?

私は仕事しているのでまとまった時間は取れません。
1日2日くらいならいいですが。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校になってから一番の問題は、家で
親子の関係が悪化している事です。

喧嘩したり、言い争ったりしている状態で
学校へ戻る事は出来ません。そこから、
朝起きなかったり、昼夜逆転、ひきこもりへ
発展する子がたくさんいます。


そこで、私はまずは親子関係を改善する事が
先だと話しています。

しかし、このお母さんの家庭では親子関係は
それほど悪くありません。そういう場合は、
特段、家庭ですることは、あまりなかったりします。

不登校にはそれぞれのステージがあります。

7つのステージがあるのですが、それを
理解しておかないと、自分のいるステージと
違う事をやり続けて、不登校が解決しない
状態が続いてしまいます。


【不登校7ステージ】

ステージ1:不登校の原因を学ぶ
ステージ2:親子関係の改善
ステージ3:朝、普通に起きてくる
ステージ4:子どもの意志確認
ステージ5:別室登校
ステージ6:教室復帰
ステージ7:感性教育+自立教育

・・・

この子の場合、ステージ4にいます。

多くの方はステージ1・2の所で相談
していただくので、共感の会話や
共同作業法を提案しているだけです。

理解しておいて下さい。

この子の場合、問題は学校で孤独に
一人でいる事です。友達がいません。
友達がいない学校へ、私も行きたいとは
思いません。あなたもそうではないですか?

友達がいたから学校へ通えていたと
思います。

そこを放置している大人の問題だとは
思いませんか?

今の学校へ行けない大きな壁は、友達が
いないことです。

もちろん、不登校の根本原因はあります。

詳しくは小冊子を読んで下さい。

どういう学校環境なのか分からないですが
できることはいくらでも考えられると思います。

私の学校でもやりますが、クラス移動や
部活の移動、行事の分担替えなど、友達や
気の合いそうな子と一緒にさせるような
方法も考えられます。

問題は明らかです。

子ども自身ではどうする事も出来ない以上、
大人の側がやるべきです。


まずはそこを相談してください。

次に、本質問題に入ります。

この子のおとなしくて、自分から話をできない
ことについてです。

結局は、これが改善できなければ何も前へ
進みません。大人たちが用意周到に準備を
しても、本人が動くかどうかが重要ですよね。

私が今までたくさんの子どもたちを見て来て、
本当に共通している親子関係があります。

こういう大人しい男の子には、寡黙な父親が
いたりします。

あるいは、子育てに無関心の父親です。


お母さんではなくお父さんとの関わりが重要
だったりします。

今回も、相談はお母さんの方です。

本当はお父さんが相談するべきなのですが、
そうではありません。

父親に認めてもらいたいと思うのが普通の
子どもです。特に男の子はそうです。私も
そうでした。


その為にがんばるし、父に叱られないように
生きてきました。

同じように、この子だって父親に認めて
もらいたいのです。しかし、失敗する事の
恐怖心で人とのかかわりに自信を持てない
のです。


もし、父親から認めてもらって自信を持てれば
人と話せるようになります。

そう思ってほしいのです。

これは、お母さんではどうする事も出来ません。
もちろん、間接的に言う方法だってあります。

「お父さん、あなたの事を褒めていたわよ。
お前は努力家ですごいってね。」


こうやって男の子に言うのも母親の仕事です。

今回、いくつか話しましたが、やるべき事は
明確ですね。

それでは、今すぐ息子さんを認めてあげる
声掛けをしてあげて下さい。同時に学校と
友達作りのサポート環境を作って下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2148-998ef36c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ