Entries

【不登校】反発する中3息子を止める母の言葉とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中3男子、不登校、iPod依存

人見知り、内弁慶、自分の意見を言うのが苦手、慎重派、
本当は優しくて弟思い、アニメとアニメ系小説と携帯ゲーム、
オンラインゲーム好き

中1後半~iPodでwi-fi環境でネット、ゲーム依存の様になり、
行かない日が出てきて、連続で行かなかったりで…今現在1ヶ月程
ずっと不登校です。

一日中部屋で毛布を頭まで被り、イヤホンをしてiPodでゲームや
動画を見ています。

私や主人が話しかけても、うるさい、ウザい、黙れ、出て行け、
と会話になりません。

それでも話続けると、壁や物を蹴ったり、投げたりで、苛立ちや
怒りが凄いです。iPodを持たせて以降、学校に遅刻するなら
取り上げる、行かないなら取り上げる等、色々な条件やルールなどを
話し合いで決め、最初は本人も納得するが守れなくなり、最後には
何も要らないから、何もしない!高校にも行きたくない!となり
今までどんどん酷くなりました。

共感の会話法や共同作業をしたいのですが、そこまで持っていけません。
親子関係をどうとかして、4月から高校に楽しく通ってほしいです。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の典型のような子です。

不登校は年齢が上がるほど、荒れたり、
反発することが強くなります。


それは、子ども自身だけでなく、周りの
大人たちの意識も影響を与えます。

「それぐらいは、出来て当たり前。」

そう思ってしまうことで、不登校に対して
厳しく当たってしまうのです。

一番大切な不登校の理解は、「不登校
自身が何が起きているのか分かって
いない。」ということです。


この認識が無いと間違った接し方をして
しまい、精神状態を悪化させます。

今もそういう状態です。

共感の会話や共同作業をするためには、
不登校の基本的な心理状態や原因を
理解していなければいけません。

不登校が何を考えているのか?

子どもの言動ばかりに目が行ってしまいます。
本音の部分で何を感じて、何を思っている
のかがわからなければいけません。

不登校のどの子に聞いても、自分がなぜ
不登校になったのか分からないと言います。


何かしら原因を言ったりもしますよ。

しかし、それは本質的な原因ではなくて、
前から嫌だった事を言っているだけです。

友達が嫌とか、友達がいない、勉強が嫌い、
クラブが苦手、先生が恐い…そうやって言う
のですが、それでは不登校にはなりません。

聞けば聞くほど、不登校の子は何もわかって
いないことがわかります。

わからないうちに学校へ行けなくなっている。

そこを親から色々聞かれたり、するのです。

「学校はどうするの?」


聞かれても、自分でもわからないから返事の
しようがありません。

それで思春期の子は親に強く反発します。

何に共感するのか?

それは、不登校だけど、なぜ自分がこうなって
しまったのかわからない。ここに共感しないと
いけません。

反発する理由は親の方の問題です。

子どもにしたら、

「親は学校へ行かせたいだけ。
俺の気持ちなんてわかってくれない。」

そのように思っています。

この思いの違いがズレを生んでいるだけ
なんです。説得して学校へ行かせようという
雰囲気を子どもに見抜かれています。

子どもは学校へ行かない事に罪悪感を
持っています。

親に迷惑をかけているのも知っています。

だから、行けない学校の事を親から言われると
どうしようもないのです。逃げ場がありません。
だから、Ipadとかに逃げようとするのです。


では、どうすればいいのでしょうか?

まずは、学校へ行く行かないではなくて、
子どもは学校へ行こうとしているけど、
どうしても行けない事を認めてあげることです。

Ipadで遊んでいるのですが、気持ちは学校へ
行こうとしています。

それを認めてあげないとスタートしません。

「いいんだよ、お母さんはあなたが
がんばってるの知っているからね。
安心するんだよ。

お母さんだったら、毎日泣いて泣いて
家飛び出してると思うの。

あなたは強い子だってわかってるからね。」

・・・


子ども部屋の外から、こうやって声掛け
してあげるんですね。面と向かっては
言えないと思うので、手紙でも良いです。

まずはこれをやってみて下さいね。

不登校対応で大切なのは、学校へ
行く前に、親子関係を改善する事です。
それがないと部屋に籠るからです。

その後に、学校へ行くように仕向けて
いくので安心してください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2142-d14dcfd0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ