Entries

【不登校】友達ゼロで休み時間を一人で過ごして孤立

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

うちは小6の男の子が二学期から不登校になりました。

1学期の終わり頃から週1で休む様になり、理由は
頭痛から始まり学校に行きたくないと言い出し、
行けるときは行かせましたが、私も休ませる様になりました。

原因は、クラスに友達がいない、休み時間1人で過ごすから嫌だ。
縦割り活動もあり、うまく友達とできなかった様です。

放課後に学校に通える様になりました。いけない日もありましたが。
授業にも2時間ずつ通える様になり、今は遅刻ですが、1時間目から
最後まで過ごせる様になりました。人の目が気になるようです。
どう思われているとか考えると不安になってしまい、今また1時間、
2時間。

なぜこうなってしまうのか、気持ちの持ちようだと思うのですが、
どう話してあげたらいいのでしょうか?教えて下さい。
自信をつけるにはどうしたらいいのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

友達がいない不登校の子がいます。

不登校で友達が少ない子は、意外と
全体から言えば少ないです。むしろ、
元気に普通にやっていた子の方が多いと
思います。

友達がいないから不登校になるわけでは
ないです。


ここもよく勘違いされます。

友達がいなくとも学校へ通い続ける子が
ほとんどです。不登校になる子はごくごく
わずかです。


不登校になるプロセスで友達がいない事が
さらに負担になったという事です。

不登校そのものの問題はあるのですが、
友達もいない状態をずっと放置していた
大人の側の問題もあると思っています。

急に友達がいないわけではないはずです。

ずっと何年間も一人で学校生活を過ごして
きたのだと思います。辛くて当然です。
それを誰も手助けしてあげる事がなくて、
今の今まで時間が経過しています。

このままの状態が続けば、再び不登校に
逆戻りする可能性は高いです。

また、中学進学後も不登校が続くことも
十分、考えられます。そうなれば中学卒業
まで、ずっと不登校です。

楽しい中学校生活をダメにさせてくは
ありません。

なぜ学校へ行けなくなったのか?

不登校の根本原因については、私の
書いた不登校小冊子とメルマガを読んで
もらうと分かってくれると思います。

友達がいなくても多くの子は不登校には
なりません。

それは、不登校になるにはなるだけの
条件があるからです。そこに友達がいるか
いないかは関係がありません。

学校へ行けなくなった事は不登校の問題。

具体的には、自己表現する場所がない
ことです。自分を学校で抑え込んでしまい
ストレスをため込んでいるわけです。


自分を上手く表現する場所がどこにもない
ので、内にこもるしかありません。

表現する方法もないだけではなく、自分の
中にある感性が他の子よりも豊かで繊細な
場合に不登校になります。


これが不登校の原因です。

友達がいない原因は、さまざまあります。
性格の部分もあるでしょう、それ以上に
自分を抑え過ぎる習慣を持っています。

この習慣を変えてあげないといけません。

今、この子にとって学校へ行く事は苦痛で
しかありません。

その事が分かるでしょうか?

友達がいない学校へ行ってどうするか?

あなたも答えられないと思います。子どもは
自分の為に勉強するより、友達と一緒に
過ごす為に学校へ来ています。

それぐらいわかると思います。

友達がいない事が、少しずつ学校から
遠ざかりつつある原因です。


友達を作るのが一人でできないことは
わかっているわけです。それなら、すぐに
友達が出来るような活動環境を作って
いかなければいけません。

話をして理解させるようなことではないです。
気持ちの持ちようではありません。

大人の側がその状況を用意できるかです。

同時に不登校の原因である自己表現する
場所を用意しようとしているかです。

気合いで乗り切れないから不登校に
なっているとも言えます。そうなら、そうで
サポートしてあげないと動けないです。

何か、不登校前に戻そうとしていますが、
戻ったら、不登校になるだけです。

私たちは不登校にならないように、新しい
環境や活動を用意しなければいけません。

一度、不登校とはどういうものなのかを
不登校小冊子で勉強してみて下さいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2140-f9abcd61

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ