Entries

鬱病の不登校の学校復帰法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高校1年女子。
中学3年12月から3月まで不登校。

私立進学高校入学しました。

中学不登校は、友人関係にこじれ仲間はずれになった事が原因。
高校入学後は、部活ハード過ぎて退部。

12月から不登校になり、鬱状態で心のクリニックにて鬱内服薬開始。
2カ月経過してます。朝起きれず。夕方元気になる典型的鬱です。

母のカウセリング必要とスクールカウンセラーと別に養護教員勧めの
カウンセラー行き始めた所です。本人は、勉強についていけるか不安。
家庭教師も昨日2カ月ぶりに再開できた所です。

性格は、大人しく真面目友達の悪口は一切言わない。

復学できる様にどの様に、学校入れるまで別室登校続けていけば
良いのか?今後の対応方法教えて頂けると有難いです。

******************終わり******************************

……

回答:

高校生の女の子が鬱病で薬を飲まないと
いけないのは、とてもかわいそうです。


薬を飲むと朝起きられなくなります。

そして、夕方から元気になります。

体内時計のリズムが狂ってしまうので、
精神状態も取り戻せなくなります。

朝起こそうとして、睡眠薬を追加すると
副作用が大きすぎて、違う問題が出て
きてしまいます。


私も過去に何度も、この子のような状況の
子どもに対応してきました。

薬が必要なのか、薬の副作用で悪化して
いるのか、よく分からない所です。

大変だと思います。

お母さんの焦りの気持ちもよく分かります。
焦って当然です。誰も責める事は出来ません。

そのうえで、これからどうするべきなのか?


相談を聞くと、友達とのトラブル、真面目に
ハードにがんばる性格、周りに合わせる
良い子なのです。

不登校の典型的なタイプだと思います。

自分を抑えて、周りに合わせる。

しかし、間違った事は嫌い。許せない。


だからと言って強くも無いので言えない。
我慢して、我慢して耐えるだけです。

それが精神に影響を与えたのです。

だから、薬を飲まないといけないような
状況にまで追い込まれています。

鬱病なのだから、薬を飲んで早く回復して
欲しいと思います。

しかし、薬を飲んでも、周りに合わせて
我慢する部分は改善しません。学校へ
戻しても、同じ事が繰り返されるだけです。


ここがわからないと、解決はしません。

まずお母さんにやってほしい事は、不登校
になる原因を学んで下さい。私の小冊子や
メルマガを読んでみて下さい。

それで基本が分かれば、全体像が見えて
いきます。

最初にやるべきなのは、母と娘の関係を
改善する事です。学校へ戻す前に、これを
やってください。

私が勧める「共感の会話法」をテンプレート
通りにやってみて下さい。


あるいは、「共同作業法」も効果があります。

これらをやって親子の中をもっと良くしてから
登校刺激に入ります。それまではする必要は
ありません。

別室登校が出来るようになれば、1週間で
教室へ戻る事が出来るステップがあります。

「別室登校から教室へ戻す7ステップ」

ステップ1:1人の友達を連れて来る

同級生が恐いんです。だから、面倒見のいい
クラスの子を1人別室に連れていきます。
2人じゃないです。たった1人です。

ステップ2:友達を1人ずつ増やす
3日ぐらい、ステップ1をやったら、次は
もう1人増やします。

ステップ3:3人で給食を食べる
今までは休み時間だけだったのを、給食の
時間に3人で過ごさせます。

ステップ4:教室以外の授業に参加する
ここまでで、子どもの表情が変わってきたら、
クラスの全員に状況を説明して、出来れば
個別に呼び出して話をしたうえで、教室でない
体育や音楽の授業に参加させます。

ステップ5:教室で給食
次は、教室で給食だけ食べます。あるいは、
もう少し人数を多くして別室で給食です。

ステップ6:得意科目の授業に出る
そこまでできれば、教室で授業に出られる
はずですから、まずは得意科目だけ参加
させてみてください。

ステップ7:教室復帰
それでそのうち、恐怖心も和らいで教室へ
戻れるようになります。最初は午後だけ
かもしませんが時間の問題です。

・・・

このようにステップを細かく設定することで
教室への恐怖感を減らす事ができます。

一気に戻そうとすると失敗した時の反動が
大きいです。だから、あえて細かいステップを
作りました。

このようにやってみてください。

大切なことは、親子の関係が良好な事です。
これが前提であります。それが無い状態で
何をやっても上手くいかないです。

まずは共感の会話を試してみて下さいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2121-d1da5803

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ