Entries

不登校を無理に動かすとどうなるのか?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中1の息子は昨年11月の半ばごろより
いじめで不登校になってしまいました。

小学生の頃から頭痛持ちで、症状を自分で感じた事などを
細かく細かく、変わった表現をするので少し変わっているけど、
面白い子だなと思っていました。

今の状態はなんとか夜寝るように努力していますが、
1時から2時ごろと遅いです。

夜にはスマホを見てなかなか眠らないので、
最近は私が怒ってしまいます。

カウンセリングの方が家にきてくださいましたが、
ニコニコとして普通の人の様に振舞いますが、本当は
誰にも会いたくないそうです。

でも私のやり方が下手で、運動を無理にさせようとして
子供を怒らせていることがしばしばです。ここ数日は
私のことを嫌うこともあります。でも運動をしていないと、
子供の心が病んでいく様で焦ります。

土日どちらか離れた所に外出しようと決めたのですが、行きたがりません。
前向きな心に子供がなるには、どうしてあげたらよいですか?

******************終わり******************************

……

回答:

不登校は親を恐がっています。

子どもの心の本音を掴まなければ、
不登校解決はありません。


親が論理的に、理論的に、理屈で考え、
子どもを動かそうとするのは当然です。
その事は間違っていません。

無理に動かしてでも、昼間運動をさせて、
体を疲れさせ、夜寝させたい。

そう思うのは、よくわかります。

しかし、実際はうまくいっていません。

無理に動かした事で、子どもが親を
恐がっています。


このままだと、親子喧嘩が悪化してしまい、
子どもは昼夜逆転、そして、ひきこもりの
生活をスタートさせてしまいます。


さらには、お母さんが自分が言い過ぎる
ことが悪いと思って何も言わなくなります。
すると、どんどん、引きこもり生活はヒドく
悪化して行くのです。

言い過ぎたから、次は黙っておく。

バランスが大切なのですが、両極端に
なってしまうのです。そうすると、逆効果で
不登校解決は遠のきます。

何が、子どもを動かさないのでしょうか?

今、親子の心にスレ違いが起きています。

もっと簡単に言えば、子どもはお母さんを
嫌っています。自分の意思も確認せずに、
無理に動かそうとしたからです。


嫌われて当然です。

子どもというのは変な心理状態に入ると、
親の想像とは違う事をやります。


それは、親の嫌がる事をわざとするのです。

親が「やめろ!」と言うと、それをわざと
やり続けます。そして、叱られるのです。

これは、自分が不登校でダメな事をやって
いることをわかっています。だから、親に
見放されるのが恐いわけです。

親がどこまで自分に気にかけてくれて
いるのかを確かめる行為でもあります。

何もしなければ、親に見捨てられるかも
しれない。親に反発すれば、親は自分を
叱る=自分に興味を持ってくれる。


こういう心理状態に入ります。

そうなると、どんどんとお母さんの逆を
やり続けてしまうわけです。

この子の場合、いじめを受けていたので、
心の傷はさらに深いです。そこを母親が
わかってくれないと感じているのだから、
孤独に襲われているのです。

スマホに逃げたくなるのも当然だと思います。

今は強くなれないのだから、仕方が
ありませんよね。

では、どすればいいのでしょうか?

その方法が「共感の会話法」です。

子どもは親に自分のことをわかってほしい
のです。そのためには、子どもの気持ちに
共感してあげることが必要です。

「この人は、オレのことをわかってくれる。」


と、思うから、言う事を聞こうと思うのです。

今は、

「この人は、オレのことを何もわかろうと
しない親だ。」


と、思われています。

不登校の子どもとの親子関係を改善する
ことが、解決の第一歩です。

全国のお母さん達が共感の会話法を使って、
子ども達との関係を改善してくれています。
毎日、改善報告も届いているので、安心して
使ってみて下さい。

詳しくは、メールマガジンでも話をしている
ので、参考にしてみて下さい。

一にも、二にも、「共感の会話」です。

まずはここからスタートしてみて下さいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2118-960c581a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ