Entries

不登校を登校刺激する前にやらないといけない2つの事

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中1の息子は11月の半ばに、毎回無視ごっこという遊びの的になり、
周りの人達の事も不信感がつのり不登校になってしまいました。

友達はいないわけではありませんが、親友とまではいきません。
自分の話をよくしてくれ、親子の仲は良い方だと思っています。

学校へ行こうと思っているような話が聞けたと喜んでも、実際は
学校から届く宿題は嫌がり、勉強しようとしません。

このような状況はどの段階と捉え、どのような対応をしてあげたらいいでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

仲の良い友達から無視されて、嫌がらせを
受けて、不登校になる子がたくさんいます。

馬鹿にされてしまいます。

ただし、馬鹿にされたから不登校になった
わけではありません。馬鹿にされても、
学校へ通い続ける子がほとんどです。


なので、嫌がらせだけが不登校の原因では
ありません。

不登校になると、子どもは勉強をしません。

「学校を休むのは仕方ないけど、勉強は
やってほしい。」


そう思うのが親の常です。

しかし、子どもは勉強しません。

理由が分かりますか?

希望がないからです。勉強をしても学校へ
戻れないし、自分のような価値の無い
人間が勉強をしても、意味がない。


そのように考えています。

だから、勉強をしません。

でも、勉強しなければ受験も上手く
いかないです。不登校だから大目に
みてくれる所はありません。

結局は、どんどん負の連鎖になります。

このままの状態が続くと、勉強もできず、
友達関係も疎遠になります。孤立して、
精神不安定になってしまいます。

そして、中学卒業まで不登校で、高校も
希望の所へ行けず、落ち込む。


そのまま勉強も身に入らず、社会的に
困難な道へ進む可能性が高いです。

不登校になったことはかわいそうです。

しかし、それを世間は理解してくれません。
自助努力が足りないと判断されます。
だから、早く学校へ戻してあげないと
いけません。

では、なぜ前進しないのか?


最初に、不登校の原因については、
私の不登校小冊子を読んでおいて下さい。

次に、不登校の学校復帰までのステージを
話しておきます。

ステージ1:親子関係が良好
ステージ2:家の中では普通に過ごす
ステージ3:学校へ戻る意志

・・・

この3つのステージがあります。

1つずつステージを上がっていかないと
不登校を解決する事はできないです。

この子はステージ1はクリアしています。

ステージ2を飛ばして、お母さんは
ステージ3へ進もうとしています。これが
前進しない最大の理由です。


ステージ2の段階では学校の事より
家の中で普通に過ごす事が大切です。

勉強も学校に関する事です。

このステージ2の段階にならない限り、
学校へは戻らないし、勉強もできない
状態が続きます。

階段は1段ずつ上がるものです。

不登校解決ステージも同じです。


親が分かっていない事があります。
それは、子どもが親を恐がっているという
事実です。

親が恐い、親のプレッシャーが恐い。

それなのに「勉強はどうなの!」とか
言ってしまうわけです。プレッシャーを
増加させています。

これではステージ2へ進みません。

では、どうすればいいのでしょうか?


2つの事をやる必要があります。

1つ目は、朝起きてくる事です。
2つ目は、学校の事を言わない事です。


まずは、朝起きてくるには、学校を
休む許可を与えなければいけません。
朝起きても、学校へ行くように言われたら
嫌がって起きようとしません。

だから、「あなたが辛いのはわかって
いるからね。無理に今は学校へ行く必要は
ないからね。」と言ってあげることです。


もちろん、これはステージ2へ進むためで、
ステージ2になったら、次は登校刺激を
やり始めます。安心して下さい。

2つ目は、学校に関する事を言わない事です。


勉強だとか、宿題とかです。

親は意識していなくとも、子どもは親の
言葉尻に「学校へ戻ってくれ。」という
気持ちを察知してしまいます。

親が焦ると逆効果です。


この2つをやることで、朝起きくるし、
家の中で普通に過ごせるようになります。
学校へは行かないけど、家では普通。

これを目指して下さい。

そうしたら、次の登校刺激ができます。

それでは、今すぐ子どもの親に対する
恐怖心を無くして、ステージ2へ進んで
ください。

不登校の心理を理解できるようになると、
解決できますよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2114-34bfc875

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ