Entries

不登校の高校受験で一番最初にやるべき事とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中三の娘です。約二年間不登校が続いています。

とても繊細で人ひとことに影響を受けやすく
特にアドバイスを受けた時などは自分を駄目な人間と
思われていると考えて落ち込みもひどくなります。

学校は行けずとも、勉強を何とか頑張ってきました。

ここ最近になり志望校のランクを下げたら?または
私立一本にしたらどうか?と塾より提案がありました。
ただし公立の第二志望は見学すら行った事のない学校です。

今はそれでなくてもこの時期なので焦りもあり考えが、
まとまらないようで逆に勉強もままならず塾も休みがちです。

このような場合親はどういった事をしてあげたら良いのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

子どもの人生で受験は、3・4回あります。

高校受験とか大学受験とか、就職とか、
誰だって焦るものです。焦らせておけば
良いと思っています。


そして、私も毎年、受験に携わる人生を歩んで
いますが、1つだけ確実に言える事があります。

受験で奇跡は起きません。

実力通りの結果しか出ないのです。


本当にそうです。

もちろん、偶然、自分の得意分野がたくさん
出題されて得点が高くなる事はあります。
それでも、それは得意分野があったという
実力通りです。

親が焦っても、周りが焦っても、努力して
勉強した子が合格するのが受験です。


そうあるべきだと思っています。

正しく評価されるべきです。

だから、人生に3・4回ある受験で焦る
経験をしていると思えば良いです。

親としてやるべきことは、子どもが実力も
ないのに、高い志望校を受験しようとした
時に、必ずすべり止めの学校を受験させる
ことです。


お金を払うのは親なのですから、どこか
すべり止めを受験させる権利はあります。

そうしないと大変です。

見学にも行っていない学校を受験して、
そこしか合格しなかったら、そこへ行く
しかありません。

その時に、子どもは、事前に見学して
おけばよかったと学びます。失敗することで
学ぶのが人間です。

ここまでは、不登校に関わらずの話です。

問題はここからです。

この子は2年間も不登校です。解決もして
いません。高校に行っても不登校になる
可能性がとても高いです。


その事を無視して高校選択、受験をしている
ようです。

例えば、ある山に登って遭難した。そして、
助けてもらって、何とか下山した人がいます。
天候や装備などを何も学習せず登った事が
原因でした。

それなのに、原因を解決せず、勉強せず、
違う大きな山に登ろうとしたらどうでしょう?

周りが止めるのが普通です。

不登校の高校受験も同じです。

2年間の不登校って、普通ではないです。
その状態を無視して、何もなかったように
高校へ行けば解決する?

そう信じたい気持ちはわかるのですが、
私の経験では上手くいきません。

普通、高校は不登校経験があろうが
対応はしてくれません。中学は義務教育
ですが、高校は勉強する場所です。

だから、人間関係や友達作りなどについて
出来ていることを前提にして教育します。


ですから、事前に学校と相談が必要です。

不登校教育をしてくれるかどうかです。

親としては、この部分が一番気にするべき
ことです。本人の志望は変えられなくとも、
すべり止めや複数受験はできるわけです。
そこで間違いのない学校を選んで下さい。

高校は中学とは全く違います。

2年間不登校でゆっくり対応してきたと
思います。

しかし、高校だと3カ月程度休めば、それで
留年が決まり、退学になります。スピードが
違います。


だから、最初にどんな高校を選ぶのかが
大切なのです。

もう一度、考えてみて下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2095-0a826467

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ