Entries

友達の輪に入れない不登校の弱さ

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高校一年の息子が二学期の終わりから朝になると頭痛を訴え、
起きてこれなくなり、一度登校途中で気持ち悪くなって帰宅。
その日から不登校になりました。

性格はおとなしくあまり自分の主張を言うこともありません。

話を聞くと、友達の輪の中にうまく入っていけない、とのこと。
昔は自分から話しかけてたりもしたけど今はプライドが邪魔して
できなく、みんなの話をぼーっと聞いているのが苦痛とのこと。

小さい頃、私の子育てが厳しすぎたとの発言もあり、たしかに
自分の情緒不安を息子にぶつけていた時期もあったのが
影響しているのか?

もう高校生だから、と本人の意思を聞く機会(進路)が増えて、
でも本人は漠然としか考えられず、悩んでいる様子。
周りは楽しそうなのに、なぜ自分はそうできないのか?
息子がまず自分に自信を持つには私はなにをしてあげられますか?

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の対応で間違えてはいけない事が
あります。

それは、過去の親がやってきた子育てと
不登校を結び付ける事です。厳しく育てて
いようが、甘やかして育てていようが、
不登校にならない子はならないです。


私も今まで1万以上の不登校家族を観察して
きました。

これらの家庭の中で、子育てに関して、
共通している部分はほとんどありません
でした。

すごく厳しい家庭もあれば、甘やかし
放題の家庭もありました。

ということは、つまり、家庭教育の影響は
不登校にはないってことです。


もちろん、反省すべき所は反省して下さい。

何が言いたいかと言うと、不登校になって
親が自分の今までの子育てを反省し過ぎる
ことが逆効果になります。


家の中で親が急に優しくなって、中には、
子どもよりも下になる人もいます。

それで親子関係が逆転してしまうのです。

すると、子どもが強い親の存在が消えて、
不安定になっていくのです。

だから、変に親が反省して振る舞いを
変えてしまうのはよくないことです。それは
理解しておいて下さい。

それと本人の意思に任せる事についてです。

高校生と言っても、親下で暮らしているなら
ほとんど自分で考えて行動できないです。

そんなものだと思います。

だから、しっかりと親がサポートしてあげる
ことが大切です。

高校生の不登校だから、あと1、2カ月も
すれば留年が決まってしまいます。そして、
退学してひきこもる。このパターンが多いです。


そうなると、社会から完全に孤立してしまい、
人生が大きく狂ってしまいます。

ここで学校と一緒に立て直しましょうね。

では、何が原因なのでしょうか?

これは相談者の言われている事で正解だと
思います。

友達の輪の中に入れない。自分から話を
できないのです。プライドが邪魔するとか
ではなく、弱いんですね。

失敗するのが恐いのです。

つまり、周りに合わせるだけで、自分自身を
抑えつけ過ぎています。これがストレスに
なって、不登校を引き起こしています。


問題は2つあります。

周りに合わせ過ぎる習慣が身に付いて
いて、自分を出しても良いんだとわかって
いないことが1つです。

もう1つは、自分を出そうとしても、自分が
何を出せばいいのか分からないと出せない。

人は、何か寄るもの、頼るものがあるから
安心して、自分の意見を言えます。


例えば、ある人は、自分が徳川家の末裔
というだけで、自信を持っています。良いとか
悪いとかではなく、人とはそういうものです。

サッカーが上手なだけで、子どもは自信
満々でいますよね。

それだけで自分を出せるようになったりします。

この子の場合、それがないのでしょう。

常に、バランスです。自分らしさを持って
いたとしても、周りに合わせ過ぎる癖、習慣が
強いとそれだけでもダメになります。

何も特徴の無い人も世の中にはいます。

その人は合わせ過ぎる習慣がないから
大丈夫なのです。

ここは間違えないで下さい。

では、どうすればいいのでしょうか?

原因について話してきましたが、それらを
改善するには時間が必要です。

高校の不登校生には時間がありません。

だから、同時並行的に進めて行かないと
いけないのです。

まずは、学校へ戻るのが先です。

そこで、別室登校からスタートさせてみて
ください。


親子関係は良好のようなので、子どもと
相談して決めればいいです。もちろん、
学校と事前に話し合って下さい。

別室登校からの教室復帰:
http://futokoo.com/return


最後に、留年までが1ヵ月を切ったなら、
転校先を探しておく必要があります。

留年が決まってからでは転校ができない
学校がたくさんあるからです。注意して
おいてくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2093-5f2b7e02

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ