Entries

腹痛と頭痛で学校を休む不登校の原因と解決策

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

はじめまして。中学2年の男子です。元来明るい性格。

私立の難関校に入学し、1年の夏頃から腹痛頭痛、倦怠感を訴え、
2年の秋頃から欠席が目立ち現在は、不登校の状態です。交友関係は
良く学校へ行きたがるのですが、朝になると顔色不良となり、かなり
苦しそうにしており登校できません。

共感した対応を実践しています。

集中力がなく、もともと悪かった成績も、ますます悪くなり。
自信がなくなってるのでしょう。高校は転校させたいと思っていますが…。

******************終わり******************************

……

回答:

がんばって勉強して入った難関の学校を
不登校になるのは、親としては悔しくなって
当然だと思います。

その気持ちはすごくよく分かります。

良い学校に入って、良い環境で素晴らしい
学生時代を過ごせるようにさせてあげたいと
思います。

不登校で半年以上経過すると、家族も、
本人も、学校も、友達も休むのが当たり前に
なっていきます。

すると、戻るタイミングが無くなってしまいます。

そうなれば、このまま中学卒業まで不登校が
続いてしまいます。

この子は私立の中高一貫だと思うので、
自動的に高校に上がります。その時まで
待って、高校転校しようと考えています。

しかし、人間、1年も社会と関わりを持たず
家の中だけで過ごしていると、どうなるか?


ひきこもりに発展する子もいるし、精神不安で
病気になる子もいます。1年待てば、それだけ
解決が難しくなります。


例えば、私の学校には不登校の子も入学して
きますよね。

中学での欠席日数と解決指導の困難さは
比例しています。3年間で100日欠席ぐらいと
300日欠席では、10倍ぐらいの困難です。

人と目を合わせられなくなり、自信も無くなり、
心が殻に閉じこもり、自分を出せない。

これをこじ開けて、他人に慣れさせるのは
とても大変です。転校すれば、全て解決して
オッケーではないんです。そんな簡単な問題
ではありません。

その認識、覚悟が不登校には必要です。

時の流れに身を任せて解決できれば、
理想かもしれません。でも、そんなことって
社会ではほとんどありません。

不登校は今だけでなく、ずっと大人になっても
関係する根深い問題です。


学校が終わっても、社会に出れば、会社や
何かの組織の一員になります。それは、
人間関係で成り立っています。

学校程度が無理なのに、社会はもっと
厳しいです。

不登校でもなかった若者たちが社会へ出て
1、2年で会社を辞めてしまうのです。不登校
の子は耐えられるのでしょうか?

勉強ができる、できないとは関係がない
根本的な問題だと思います。

では、何が原因なのでしょうか?

不登校と聞くと、暗くて大人しい子ばかりを
想像してしまうかもしれません。友達も全く
いない子だと思ってしまいます。


不登校の原理を知ると関係がない事が
わかります。

実際、不登校の子は暗い子も明るい子も
います。私の学校が明るいのは、明るい
不登校の子もたくさんいるからです。

明るいとか暗いは不登校の原因とは、
関係がありません。


不登校の原因の1つに周りに合わせる
というのがありますよね。これは明るくても
合わせる子がいます。


人気者というのは、周りにとっての人気者。

だから、周りに合わせる事で人気を取って
いるんですよね。実は、自分というものが
なかったりします。

これが不登校の原因です。

言いたい事も言えず、自分の腹にため
こんでいると腹痛が起きると昔の人は
言いました。

詳しくは、私の小冊子やメルマガで学んで
みてください。

では、どうすればいいのでしょうか?

不登校の子を変えさせるのは、自分の中に
溜めこんでいる自分らしさを出させる環境を
作ってあげる以外に方法はありません。

自分らしさを押し殺した結果が不登校です。

勉強だけの価値観で囲まれた環境の中で
才能や感性のある子は潰されてしまいます。
1つでも自分らしさが出せたら不登校では
なくなります。


だから、転校しても自分らしさが出せないなら
同じ結果になるはずです。

どんな活動が考えられるか?

それは、この子の持つ感性に合った活動で
なければいけません。

本を読むのが好きな子に、ダンスの環境を
与えても意味がありませんよね。それより、
本について話し合い、文章を書ける環境を
作ってあげるほうがいいです。

好きな事がある子は、それを通じて、
自己表現させる活動環境を考えて下さい。

難しいのは、何もない子です。

その子の場合、探さなければいけません。
しかし、必ず見つかると私は信じています。
何も持っていない子もいないし、不登校に
なる子は必ず持っています。

だから、不登校になっています。

自分らしさを抑え込んでいるから不登校に
なっています。その自分らしさがある以上、
何か感性を持っているわけです。


ただし、それをやる環境が学校にないです。

それを学校と一緒になって作っていく事が
不登校解決につながります。

不登校には不登校の原因があります。

この部分から目を離さずにしてください。

学校復帰についても、これからメルマガや
ブログで話していくので、安心して下さい。
まずは、不登校の根本原因と、目指すべき
方向について話しました。

ここをブレないことがとても大切ですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2085-44a5f360

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ