Entries

不登校は子どもの心が疲れたから?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中1、男子、夏休み前から、学校を休みがちになり、
夏休み明けてからは1日登校しただけで、ずっと休んでいます。

最初は友達とトラブルがあり、その後仲直りしたはずですが、
学校には行かなくなってしまいました。身体も気も小さい子です。
子供本人は、あまり喋らないので、はっきりとはわかりませんが、
みんなに合わせるのが嫌だ、ということは言ったことがあります。

担任の先生から、大学生が自宅や近くの施設に来て、本人と話したり、
勉強を見てくれたりというような制度があるとのことで、申し込みました。
本人も了承したようです。しかしこれで学校に復帰できるようになるのか
不安はあります。

この方法は有効でしょうか?

同じやり方で学校に復帰した子はいるのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の原因を理解していないと、何度も
私たちはつまづいてしまいます。

原因を無視したり、見ないふりをすると、
後から痛い目にあいます。そして、原因を
直視した時に、問題は解決します。


不登校は何となく学校を休んでいるだけ、
ちょっと学校が嫌になって疲れているだけ、
説得すれば学校へ行くようになるだろう、
簡単に考えている人がいます。

大学生と何か話せば、学校へ戻るかも
しれない。

そう思いたい気持ちはよくわかります。

そう思うのは、不登校は子どもの心が
疲れているか、少し学校が嫌になったと
考えているからです。

原因は子どもの心。

本当にそうなのでしょうか?

確かに、心が疲れて、ストレスを感じて
いるのは事実です。

しかし、そんなことで学校を休み続ける
はずがありません。学校を休むことが
どれだけリスクがあるのか、子ども自身
わかっています。

何より、親に見放され、捨てられる恐怖も
あります。そんな事をするはずないです。

疲れたぐらいで休み続けません。

あなたが学生時代もそうだったはずです。
やっぱり、親が恐いし、友達の目もすごく
気になっていたはずです。

それなのに休んでいるのです。

説明がつかないです。

これが不登校の原因に繋がります。つまり、
子どもだけが問題とは考えにくいということ
なんですね。

すごく単純に、シンプルに考えて下さい。

学校に行けないのだから、学校と子どもが
合っていない。これが原因だと思いませんか?
すごくシンプルですよね。


学校と子どもが合わない。

これはこの子自身もお母さんに話しています。
みんなと合わない、学校と合わないのです。

合わないとは疲れた状態とは違いますよね。

根本的な問題です。

だから、家で大学生と話をしても、みんなと
突然、合うようになることはありませんよね。

気持ちが合わないのではなく、感性が合って
いないのです。だから気持ちで合わせる事は
できません。


例えば、あなたが苦手な音楽があるとします。
演歌、ロック、ラップ、クラシック、ポップス、
どれか合わないものがあるはずです。

それを誰かと話して合うようになると思う
でしょうか?

そんなことはないですよね。

合わないものは合わないです。

これが不登校の難しさであり、原因が
そこにあると認識する事が大切です。

だから、大学生がやってきて、学校へ
戻れなくても普通だってことです。うまく
いかなくても、落ち込まないで下さい。

もし、それで気持ちが晴れて学校へ行って
くれたらラッキーだと思えば良いですよ。

それぐらいの気持ちで試してみて下さい。

まずは不登校の原因を小冊子やメルマガ
などで学んでみて下さい。学校へ戻っても、
何も学校が変わってないなら、再び不登校に
なってしまいます。


学校へ戻してからが本番ですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2081-13cf1f37

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ