Entries

別室登校で失敗する不登校の事例

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

現在中学2年の男子です。

一年の三月から急に疲れたと言い始め登校しぶりが
はじまりました。2年の4月末から不登校。

11月の期末テストをきっかけに毎日別室登校しております。
別室では、息子が得意なオセロなどで居場所作りをしてくれ、
嫌ではないようです。ただ、クラスメイトが給食を運んでくれるのは
逃げて避けています。

三学期から教室に入ると宣言しており、先生がそのために少しでも
慣れてもらおうと給食運びをしてくれましあが、必要ない。クラスメイトには
三学期から教室登校することを伝えるだけであとは何もしないで。
と話しています。

このまま本人へ任せててもいいものなのでしょうか?

人一倍、人の指示やルールに従うのが苦手で自分で決めたことしか
やりたくない気難しい一面があります。すごく人の心を先読みしたり、
繊細な面はありながらもお金の損得に関することは合理的でクールな
一面がある独特な感性がある子です。

アドバイスいただきたいです。

******************終わり******************************

……

回答:

別室登校の方法が間違っています。

こういう失敗をしてほしくないので、私は
メルマガで別室登校の7ステップについて
話しています。

不登校になる子は完璧主義で、周りから
特別扱いされるのを嫌がります。

この子のように、周りが善意でやっている
行動に対して、反発してしまうのです。
そこで、反発しないようにする方法を私が
紹介しているので、話していきますね。


たまに、私が話した方法を自分流にアレンジ
する人がいます。

それで上手くいかず、また、私に相談する。
必ず教えた方法は、忠実に守ってやって
みてください。自分流にするのは最後ですよ。

何がいけなかったのでしょうか?

不登校の子は、友達関係を一番気にします。

クラスメイトが自分の事をどう思っている
のかが、とても気になります。

自分の事を馬鹿にしているんじゃないか。

もう、忘れ去られてしまっているかもしれない。


そういう不安があるんです。

自分の事を心配してくれているのでさえ、
嫌なのです。特別扱いされることで、自分が
弱い存在になるのが嫌なのです。

優しさも優しさでなくなってしまいます。

だから、公平に、普通の状態を望むのです。
まるで不登校なんてなかったような状況を
望んでいます。

それを作り出さない限り、教室復帰は見えて
きません。

このままの状況が続けば、不登校に逆戻り
してしまうでしょう。この失敗の代償はとても
大きくなってしまいます。


では、どうすればいいのでしょうか?

私が教室復帰のステップで話しているように、
友達との関係改善を先にするべきなのです。

給食は早いです。

給食の前に、クラスメイトとの関係を縮める
ことが先です。


まずは、クラスの中で面倒見の良い生徒を
別室へ行かせます。一人だけです。そこでは
教室に戻るとかの話は一切しないように
させます。

単なる友達関係作りです。

そして、2人、3人と数を増やしていきます。

そうやってグループの一員にしてあげて、
ようやく給食になります。このグループで
別室で給食を食べるのです。


疑似教室を作ってあげます。

わかるでしょうか?

給食は一人で食べさせてもいけないし、
友達関係を作る前でもいけないのです。
不登校のこの不安をじっくりと考えると、
この順番が大切です。

もっと大切なのは、教師が居ない状況を
作り出す事です。

「担任の先生が指示したんだ。」

と、思われない事です。

教師が入っていると、親が入っていると
子どもは思ってしまいます。それぐらい
わかる子です。

最後に、不登校の子は「学校へ行く!」と
言っては、行かないを繰り返します。

この子も3学期に行くと言っています。

でも、今、行けないのに行けるわけがないと
思っておいて下さい。親に迷惑を掛けている
気持ちが、この子を動かしているのです。

だから、行かなくてもがっかりしないで下さい。

この子の独特な感性、才能を生かしてあげる
ことが不登校解決そのものです。その環境を
作ってあげて下さいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2080-c3a3d2aa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ