Entries

我慢ばかりで辛い小学校生活を送り不登校になった息子

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

小学二年生の長男の事で相談させて頂きます。

長男なんですが もともと真面目で神経質なタイプです。
小学校入学から しばらくは 泣いて登校しぶりをしていました。
入学から2~3か月すると 腹痛を訴える事もありましたが
問題なく登校できていました。

それが 先日行われた 持久走大会で、後ろから3番目で
悔し泣きをした後あたりから 腹痛症状が顕著に出てしまい
今週から登校するのも大変な状況です。

ところが 学校では 給食もおかわりして 友達とも遊べて
元気に過ごしているようです。

私の接し方に問題があるからだろうと 先日金曜日は
学校を休ませ 2人の時間を作ったりしましたが このまま
休ませた方が良いのか どうか 悩んでいます。

好きな事は 釣りや料理で、家族でキャンプへ行く際は
イキイキとしています。 親の対応も含め 腹痛なく 好きな事が
出来る生活をさせてあげたいです。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子の多くは、学校へ行くと友達と
普通に過ごす事ができます。


玄関を出るまでが大変で、出てしまえば
普通に戻ったりします。子どもの心の中で
玄関に大きな壁があります。

この子の場合、小学校へ入った時から
ずっと腹痛が続いています。

お母さんが言われる通り神経質なタイプ
なのでしょう。周りの事を気にして過ごす
タイプです。

では、聞きます。

あなたは子どもが神経質で、学校へ行く
時に腹痛になってしまうストレスに弱い子
だとわかっています。

それで、この子がストレスに勝てるように
なるために、何か特別な対処はしましたか?


子育てを変えましたか?

「学校生活を続ければ、そのうち強く
なってくれるだろう。」

と思って、待っていただけではないですか?

少し厳しいように感じるかもしれませんが、
子育てとは見守るだけでは何もできません。

目的を持って、そこへ向けて子どもを育てる
ことが子育てです。子どもの自由にさせて、
ストレスに負ける子のままなら、親がいる
必要は無くなってしまいます。

子育てへの考え方を変える必要があると、
気がつく事が大切です。


気がつかないと変えられません。

私の話を聞いても、変えようという気がないと
変わりません。

そうなると、この子はこれからずっと苦しい
小学校生活が続き、完全な不登校生活へ
入ってしまいます。

精神状態も不安定になり、日常生活も難しく
なるかもしれません。

ここで考え方を変えて、対応方法が変われば
再び元気に小学校で楽しく過ごしてくれます。

なぜ、学校へ行けないのか?

まず最初に、お母さんが気がつかなければ
いけないことがあります。

不登校と家庭教育は関係ないです。

この子の場合、マラソン大会で勝てなくて、
それがきっかけで学校を休んでいます。親、
家庭は全く関係がありませんよね。

どれだけ家でお母さんが優しくしようが、
嫌なのは学校だから、行きません。

ここが分からないと不登校は解決しません。

「何か、学校で疲れているから、少し
休ませてあげれば、行くんじゃないかと
思って…」


と、思われたはずです。

その気持ちはよく分かります。

私も不登校でない子なら、そうするべき
だと思っています。しかし、不登校の子は
それでは効果がありません。

ここもわかってほしい点なのです。

不登校は学校が疲れたから休んでいる
わけでは決してありません。子どもは、
疲れようが学校へは必ず行きます。


行かないと、親にも先生にも叱られます。
そして、友達からも変な目で見られます。

完全に孤立する事を知っています。

だから、子どもは学校を休みません。

私たち大人でも会社を休んだらどうなるか
わかっているから、風邪を引こうが出勤
します。

子どもも同じです。

孤立する事を分かっていながら、それでも
休むというのは、尋常ではないストレスが
子どもにかかっているということです。


つまり、不登校になる子は、ある特殊な
ストレスを持っている子になります。

不登校には不登校になる明確な原因が
あります。これについては、私の小冊子や
メルマガで詳しく学んで下さい。

とても深い理由があるからです。

そして、この子の場合、もともと神経質で
周りに合わせる、周りを気にする性質が
あったので、それが強く影響しています。

では、これからどうすればいいのでしょうか?


不登校になる子たちの共通点は、この子
らしさを出す活動が学校にない事です。

周りに合わせるばかりで、「自分」がない。


だから苦しくなります。

マラソンが苦手なのに、そこで輝く必要は
ありません。自分らしさを出せる所で輝かせて
あげさせるのが教育です。

それを学校の活動の中に作る事です。

これが最終的な目標になります。

まずは不登校の原因をしっかり理解する事が
最初です。それを知って、ようやく目標を決める
ことができます。

今の学校は、この子にとっては我慢しかない
ですよね。自分らしさを抑えるしかないです。


それから早く抜け出させてあげましょうね!

そうすれば、楽しく学校へ通ってくれますよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2069-0d9f6417

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ