Entries

共感の会話テンプレートで不登校を改善!

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

青田先生。

まさに私もこのメールの親子とたった今、同じ状況を
繰り返してました。

共感してあげるどころか、自分が仕事に集中できないと
責め立て、追い詰め、息子から蹴られたりぶたれたり
ものを投げられたり。

結局、4時間目からいくといって、今は寝ています。

約束をしているのに守ってもらえない憤りで
どうしても黙っていられなくなるのです。

お願いです。

共感の会話テンプレートを教えていただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校解決の第一歩は「良好な親子関係」
です。親子がいがみ合っていると、学校へ
戻ることはありません。


子どもから動くのを待っている親がいます。

何を言っても動かないから、後は、静かに
待つだけだと思っているんですね。

諦めとイライラが混じっています。

子どもは不登校になってから、自信を完全に
失っています。良い親子関係をつくることで
親のパワーを子どもはもらえます。

それで自信を持てるようになります。

そうなると、学校へ行く勇気も出てくるのです。

だから、しっかり良い親子関係を作っていく
ことですよね。喧嘩や意志疎通ができない
関係なら、不登校は解決しません。

ずっと不登校が続く状態になります。

では、良い親子関係を作る方法とは?

私が親子関係を改善する方法としてお勧め
しているのは、「共感の会話法」です。

その詳しいテンプレートについて話しますね。

詳しくは、メルマガを読んで下さい。そのほうが
分かりやすいと思います。

どんないい物も、使う人によって効果が違います。
料理人に包丁は美を作るけど、犯罪人に包丁は
悪が生まれます。

共感の会話も、あなたの次第です。

それをメルマガで詳しく話しているので、必ず
読むようにして下さいね。

共感の会話は、親子関係を改善する為の
会話法のことです。


多くの不登校家族の問題は、不登校そのもの
ではなくて、親子関係の悪さです。

不登校は思春期に起きます。

ということは、つまり、子どもは反抗期。親との
仲が悪くなれば、反発します。学校へ行きたい
気持ちがあっても、親の意見には反対する。
それで学校へ行こうとしない子がたくさんいます。


親として正しいことを言うのは当然なんです。

でも、その正論が子どもを苦しめている場合
だってあるんですね。

それを解消するのが共感の会話法です。

「子どもは学校へ行けないけど、家では元気に
過ごしている。」


まずは、この状態に戻しましょう。

親のプレッシャーで子どもは動けなくなるん
です。あなたの想像以上に親を怖がって
います。尊敬しているから怖いんです。

そういうのを知ることが大切です。

それで、この会話法の目的を話しますね。

この会話法は、「共感」が目的です。

共感とは、あなたが子どもに共感するってこと
ではありません。子どもがあなたに共感する
ことが最終目的なんです。


その目的の為に、あなたが子どもに共感する
方法を使います。

具体的に方法を言います。

『共感の会話法テンプレート』

ステップ1:「不登校の辛さがわかったよ。
       辛かったね。」
ステップ2:感情を聞く、気持ちを聞く
ステップ3:「そうだよね。わかるよ。」
ステップ4:似たような感情を持った体験を話す

・・・


このような流れです。

最初に、子どもは辛いと思っているんだから、
「辛かったね。」と言ってあげます。

そして、「今、どう思ってる?どんな気持ち?」
って聞いてあげて下さい。それで、理性の壁を
取り除いてあげます。感情の扉を開けます。

そして、そこですかさず、「そうだよね。わかるよ。」
と言ってあげるんですね。


共感してあげます。

ここまでなら、素人です。

ここから最後にステップ4で、子どもの感情と
同じ体験・経験した過去の話をしてください。
できれば、学生時代の話が良いです。

この話をすることで、お母さんも自分と
同じ経験をしたんだ!って思うんです。


子どもがお母さんに共感の気持ちを持って
くれるようになるわけです。そうすることで、
互いが共感している状態が生まれます。

それで親子関係は改善していきます。

わかりましたか?

子どもは親のプレッシャーによって、朝
起きることができない。恐くて精神が不安定に
なっているんですね。


それを理解すること。そのプレッシャーで
学校へ行く勇気がなくなっている。

不登校は感性の問題ですが、家の中での
話は全く別の問題です。親子の問題です。
それをしっかりと分けておいて下さい。

まずは親子関係の改善。学校へ行かない
以外は普通の状態にするです。そうなれば、
別室登校へ行く気持ちが出てくるんです。

順番をしっかり守ってやって下さい。

親子関係の改善をせず、別室登校を
促してみても効果はないです。


それでは、今すぐ共感の会話テンプレートを
紙に書き出して、声に出して練習して下さい。
子どもと新しい会話をしてみて下さい。

みなさん、共感の会話で不登校改善して
いますよ。大丈夫!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2063-ec626bda

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ