Entries

小学生が不登校になるカラクリとは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

青田先生、いつもありがとうございます。

うちは4年生の息子が不登校になってしまいました。

特にお友達とのトラブルもなく、原因がわかりません。
教室に入るのが嫌なようです。週に2.3日行けたら
いい方です。学校に行っても保健室や会議室で
勉強をしています。

息子の場合はどうしたら治るのでしょうか?
よろしくお願いしますm(._.)m

******************終わり******************************

……

回答:

小学生の不登校も増えています。

私への相談でも小学生は増加しています。
小中高では一番少ないのが小学生の
不登校です。


少ないと良いように感じますが、少ないと
いうことは、学校の先生にすると、不登校
への経験が少ないということです。

だから、先生たちもどうすればいいのかが
わかりません。

小学校の先生は大変です。

理屈で説き伏せようとしても、子ども達は
理解してくれません。それよりも、大人の
力強さで理解させなければいけません。

その中で、不登校の子にも対応しないと
いけません。

しかも、不登校経験は少ない。

だから、どうすればいいのかわからない。

それで相談が増えています。

お母さんも、友達関係は悪くないのに、
学校へ行けなくなる事が意味が分からない
感じですよね。当然です。


不登校になる子は、学校を休むような
トラブルなどはなく不登校になっています。
多少のトラブルがあったとしても、学校を
長期間休むようなものではありません。

だから、親にとっては困ってしまいます。

それでも、学校の別室登校をしているのは
お母さんの対応が正しいからです。

しかし、別室登校も長続きしません。

そのうち、完全に不登校になってしまいます。

すると、小学校卒業まで不登校が続いて、
中学に入っても不登校になってしまいます。
ずっと不登校でひきこもり生活になります。


抜け出せなくなってしまいます。

原因を理解して、対応してあげれば、再び
元気に学校へ戻ってくれます。

なぜ、突然、学校を休み始めたのか?

不登校の子には共通点があります。

私の不登校小冊子やメルマガで話して
いるので、詳しくはそちらを読んで下さい。


簡単に説明します。

不登校の共通点は3つあります。

1つは、真面目で良い子です。

真面目で、大人や周りに合わせて生きる
ことをしているはずです。周りに合わせる
のはいいことです。しかし、そればかりに
なっている子がいます。


元気で明るく人気者の子でも、クラスの
委員長とかになる子でも同じです。

大人しい子ばかりが不登校になるわけ
ではないです。

明るくても、その明るさは周りに合わせた
明るさだったりするのです。周りにとって
良い子過ぎる。

2つ目は、自分らしさを表現できない。

私たちは周りに合わせ過ぎるとストレスが
溜まります。そこで、自分らしさ、自分の
意見を抑え込んでしまいます。

真面目だからそれが強くなります。

さらには、その自分らしさを表現する活動が
ありません。

普通なら、友達といても、自分のしたい事を
言います。でも、不登校の子は言えません。
しかし、学校の活動の中で自分を表現する
機会があれば、いいのです。

例えば、本を読むのが好きな子がいたら、
先生や周りの子と本について話す機会が
あれば、それだけで表現した事になります。

このような程度で良いのです。

授業を受けて、周りに合わせて運動場で
遊んで帰ってくる。

この中でどれだけ自己表現する時間がある
のでしょうか?


3つ目が才能、感性が豊かな事です。

他の子に比べて不登校になる子は持っている
感性が違います。中には「変わった子」とまで
言われる子がいます。

つまり、他の子にない何かを持っているのです。

小学生の不登校の子は、思春期をまだ迎えて
いないです。思春期になる以前から豊かで
独特な感性を持っているのです。

この子たちが思春期になれば、もっと感性が
育って、周りと合わなくなります。


この3つが重なる事で不登校になります。

周りに合わせようとするけど、感性が周りと
違うから、合わない。同時に自分を抑え込んで
しまう。そして、自分を表現する場がないので
発散もできない。

不登校になるカラクリです。

では、どうすればいいのでしょうか?

別室登校から教室へ戻る為のアプローチは
メルマガでも紹介しています。このブログでも
これから話すので、そちらを参考にして下さい。

教室に入ると、この子は自分らしさを隠す
必要があります。

その圧迫感、空気感が嫌なのです。


教室復帰したら、次は自分を出す練習を
してあげないといけません。それも、自分の
感性に合ったものです。

この感性が何かを差がないといけません。

不登校が100人いれば、100人感性が
違います。だから、何をやるべきかは
子ども自身を観察しないとわかりません。


傍に居るあなたが見つけてあげて下さい。

子どもが自分を抑えているものを解放して
あげること、それが不登校を解決になります。

それでは、今すぐ不登校の原因を学んで、
教室復帰のアプローチを実施して下さい。
同時に、この子の感性を見つけてあげて下さい。

必ず、元気で明るく学校へ通ってくれる
ようになりますよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2061-f3d3b0da

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ