Entries

中学転校で変われる不登校、そのままの不登校

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中2男子、1年の時は部活スタメン成績トップクラスだったのですが、
怪我が長引き五月雨的に参加しているうちに部活仲間から離れ
行きづらくなってしまった。

母である私が何とかしようと口を出し過ぎて信頼を無くした事もあり、
荒れて投げやりな毎日になり、部活どころか学校にも普通には
行けなくなってしまいました。仲の良い友達もいなくなりました。

クラスの雰囲気は悪くはなく、担任も息子の嫌な気持ちを分かってくれる
親身な先生ですが何ともなりません。

全てのヤル気を無くし、学校を休むと布団の中でゲーム三昧で、
何とか受けている定期試験は雪崩のように下降し、フリースクールも
視野に入れていますが、そのままの彼を認めてやらねばと思う反面、
三年生までに何とか立ち直れないかと期待をしてしまう自分もいて辛いです。

転校の提案はリスクが大きいのでしょうか?
またその他にどういった手立てをしてやればよいのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

子どもにとって学校が「世界の中心」です。

そして、友達関係、人間関係が全てだと
言っても良いかもしれません。

私たち大人のように仕事をして、結果を
残して、部署が異動になったり、将来を
考えて長い目で生活する子は少ないです。

この子のように、怪我をきっかけにして
不登校になる子も多いです。

部活が生活の中心、人間関係の中心で
あったのに、休みが長くなり、関係が疎遠に
なってしまう。


戻り辛くなって、不登校になってしまう。

繊細で神経質であればあるほど、周りを
気にしてしまいます。図太かったり、自分を
しっかり主張できるなら、問題はなかったと
思います。

しかし、周りの顔色をうかがって、周りに
合わせる習慣のある子は、そうはいきません。


自分を主張できないので、周りが怒っている
のかもしれない、忘れているかもしれないと
不安になっているのです。

合わせられないからです。

合わせる事ばかりで生活しているので、
自分を出さないといけない場面で、固まって
しまいます。


むしろ、ストレスを感じてしまい、それで
不登校になっています。

不登校が学校へ戻るには何が必要か?

基本は友達関係、人間関係が大切です。

子どもにとって、学校の中で一番の不安は
友達関係だからです。


私が勧めている別室登校からの教室復帰も
友達の不安を解消するアプローチで行って
います。そうすると、スムーズに教室へ戻って
くれるようになります。

しかし、これには担任の先生の協力と教室の
クラスメイトの協力が必要になります。

これが難しいのです。

担任の先生も不登校の経験が少ないので
どうしたらいいのかわからない。

そして、クラスメイトたちも思春期の子であり、
当事者なので、不登校について理解できる
子どもはほとんどいません。

他の子よりも自分の事の方が大変だし、
優先してしまいます。

だから、クラスメイトの理解を持つのも並大抵
ではありません。

思春期の子は自分のことで精一杯です。

そうなると、戻る場所が今の学校にない。

必然的に、転校という話が出てきます。

転校すれば、当然、新しい環境でゼロから
やり直す事ができます。子ども自身も親も
期待を持つと思います。


転校でやり直せている子もたくさんいます。

しかし、話はそう簡単ではありません。

転校しても不登校の根本問題は何も解決
していません。場所が変わっただけです。

この子の周りに合わせて、自分を表現しない
習慣、態度はそのままです。転校した先でも
周りに合わせ続けたらストレスになります。


何か1つ、自分を表現、自分らしさを出せる
活動を作れるかどうかが問題になります。

転校を繰り返している子もいます。

私の学校にも2回、3回と転校して、最後に
私の所にやってくる子も何人かいます。転校
が全てではないということです。

しっかりと不登校の原因を理解する必要が
あると思います。

転校先の受入れ状況や、不登校の原因を
どう解決するのかをしっかりと考えてから
決断するようにしてみて下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2059-d807276d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ