Entries

腹痛と下痢で苦しむ不登校のストレスとは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中3の男の子です。
6月から不登校になり、現在12月、進路に迷っています。

中3になり突然原因不明の腹痛と下痢に襲われトイレに
こもるようになりました。胃腸科を受診しましたが薬は
まったく効きません。

病院ではストレスが原因と言われましたが、本人は
心当たりもなく、登校してもトイレにかけこむ日々で
友達の視線も気になるようになり、不登校になってしまいました。

今は学校という建物に行くのがしんどい
人に会うのがしんどい
教室で友達がいろいろしゃべっている声を聞くと
しんどくなる

と言っています。

月に2回の通信制の高校への進学を考えていますが、
このままの状態で通えるのか不安です。本人も教室に
入れるかどうか不安がっていました。

性格は少し神経質で完璧主義なところがあります。
不登校になったことで希望していた高校に行けなくなり、
自信を失っています。

なるべく子どもに寄り添うようにしてますが、なかなか
改善が見られません。学校に行ったり人に会えるようにするには
どうすればいいでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

******************終わり******************************

……

回答:

「学校に行くのがしんどい」

不登校の子たちが共通して言う言葉です。

ここがストレスとなって、不登校へ発展して
いきます。

高校受験の間近の中学3年生から不登校に
なってしまうと、精神状態が不安定になり、
高校進学が思うようにできなくなる子が多い
です。

この子もそうです。

親も子どもも慌ててしまい、何をどうすれば
いいのかわからなくなります。

高校進学は人生の進路を大きく決定する
選択だと思っています。だから、冷静に
判断するようにしてほしいと思います。

なぜ腹痛と下痢になったのか?

大人でも腹痛と下痢になったりする人が
います。主に緊張などだと思います。
子どもたちで多いのは試験・テスト前に
お腹が痛くなることです。

よくあることと言えば、よくあります。

ストレスとなる原因があると、私たちの
体調は悪くなります。


そして、ストレスの原因がなくなりさえ
すれば改善するものです。

不登校の子のストレスは何か?

この子の場合、簡単に言えば、学校と
合わないことです。合わないから、自分を
出すことができません。自分を抑えこんで
しまうのです。

それで自己表現ができず、内に籠って
ストレス発散できずため込んでいるのです。

もう少し具体的に話します。

思春期になると、子どもは自我が芽生えます。
同時に自分らしさ、感性が成長します。


子どもたちの中には、この自分らしさが
急激に成長する子もいます。

そうすると、あまりに変化が激しいために
子ども自身もコントロールすることができなく
なる場合があります。

例えば、身長が1年で20センチぐらい伸びる
子がいますよね。骨が追い付かず、膝が痛く
なったりします。

それぐらいの急激な変化です。

ここで問題は、自分を主張できる子ならいいです。

でも、不登校になる子は学校では真面目で
いい子です。真面目な子は自分の意見は
あまり言わず、周りに合わせようとします。


ここにストレスの原因があります。

・自分を出せる環境がない
・他の子と違う感性がでてきている
・真面目で自分を抑える


これらを解決しないといけません。

では、どうすればいいのでしょうか?

私は学校の先生で、学校へ通うことで
解決する方法を実践しています。

月2回の通信制で解決する方法は知らない
です。高校では通信制でも、社会に出たら
人間関係は築かないといけません。

社会に出る前にやるべきだと、私は思って
います。子育ての方針なので正解はないと
思います。

結局、やることは明確です。

自分らしさを出す練習をさせる必要が
あります。それも同世代の子たちの中で
自己表現させてください。


それから逃げては解決できません。

例えば、高所恐怖症の人を直す方法は
1つしかありません。


実際に高い場所に行って、慣れさせる
ことです。それ以外に、何をやっても
解決はできません。

例えば、水が苦手な人は海に入らない
人生を選べば、克服する必要はないです。
でも、不登校は人間関係の問題だから
逃げることはできません。

月2回の登校なら、学校がメインではない
です。

アルバイトなどをメインにする必要があると
思います。そこで人間関係を慣れさせながら
自分を出すトレーニングをしてみてください。

例えば、高所恐怖症の場合で言うなら、
1メートルずつでも高くして、少しずつ慣れて
いくことをすればいいです。

学校なら少しずつ人と接触するように
していけばいいですよね。


私が別室登校の方法で教えたやり方です。

いきなり教室へ戻るのはハードルは高いです。

家でどれだけ寄り添い続けても、上手くいかない
場合、それはお父さんとの関係に問題がある
かもしれません。

お母さんだけが関わって、父親は無関心。

それでは、子どもに自信はつきません。

いくつかアドバイスさせていただいたので、
これらを見直してみてくださいね。

必ず改善できますよ!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2055-5b1a5e66

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ